[青木ルーツ掲示板トップにもどる] [青木氏氏 研究室へ]
一括表示

このページのリンクURLです。張り付けてご利用ください。
 
キーワード: 条件: 表示:
 

  [No.1085] 群馬県の青木です
     投稿者:青木   投稿日:2016/02/09(Tue) 17:29:45

群馬の青木です。

家紋は丸に違い鷹の羽です。宗派は天台宗です。
亡くなった祖父の話だと先祖は長野から群馬の利根郡に流れてきたそうです。
ルーツが知りたいのでよろしくお願いします。


  [No.1086] Re:群馬県の青木です
     投稿者:福管理人   投稿日:2016/02/10(Wed) 17:40:49

群馬の青木さん 今日は。
始めまして。ようこそ青木サイトにお越し頂きました。これからも宜しくお願いします。

サイトには全国の青木さんに関する歴史的な研究資料を満載しています。
ヤフーサイトの歴史カテゴリーでは段突の情報量で、ヤフーからお墨付きをもらっています。

一度、ゆっくりと時間を割いてお読みください。お家のルーツの事も良く観えてきますよ。
お家の御先祖の生き様が判りますよ。

さて、ご質問ですが、情報量が少ないので、ルーツを確定するには無理が在ります。
信濃と家紋と天台宗の三つですね。

ただ、時代性がはっきりしませんので、有る条件下で論じます。

信濃は北部、南部、西部、東部なのかで異なってきます。
確かに、信濃には皇族賜姓族青木氏とその系列の足利氏系青木氏と同じく信濃諏訪族青木氏の定住地です。
この一族は家紋は笹竜胆紋です。宗派は浄土宗です。

然し、家紋が、「丸に違い鷹の羽紋」ですから、この家紋からすると長野県南部と岐阜ー愛知県との国境沿いの南部域と成ります。
そうすると、この南部域に定住していた「青木氏」は、日本全国最大の氏の藤原秀郷流青木氏である事に成ります。
ところが、宗派が天台宗と成りますと,少し矛盾が生まれます。

昔は一族一門で「棲み分け」をし、その一族で宗派を固定していました。
この南部域の秀郷流青木氏は浄土宗です。
そこで「天台宗」と成ると近江藤氏と呼ばれる近江に住んだ秀郷流一門の宗派と成ります。
ここには、原則的に秀郷流青木氏は定住していませんでした。
ただ、近江藤氏の一人が伊勢の母方の秀郷流青木氏の跡目を継ぎました。

そこで、この近江をベースにすると、時代が少しの平安期の後に成りますが、近江の藤原秀郷流脩行系青木氏が生まれました。
この脩行系青木氏は公家系の血筋を持ち、天台宗です。
ただ、この一族は紀州に赴任し紀州有田と地域に村を形成して住んでいました。
ところが、南北朝の時にどちらに味方するかの論争が起こり、南朝に味方した一族は敗戦し四国讃岐に逃亡しました。
残りのどちらにも味方しない一族は、故郷である美濃の北部域に移動して仕舞います。
紀州にはこの時の子孫が遺されています。

ここで信濃南部域と美濃北部域とがほぼ一致しますし、天台宗も一致します。
問題は家紋ですが、異なっています。
この一族は州浜紋です。

但し、家紋は、跡目継承に依って家紋掟から変紋する事に成りますので、美濃北部に移動した後に変紋したか、紀州の時に変紋したかに依って変わる余地があります。

分家支流の丸付き紋ですので、変わった余地は大きい事に成ります。
本家筋は家紋の変化を起こさない様に一族から養子を取り血筋を護る役目がありますので、簡単には変紋しません。

変紋説で考えますと、ルーツは定まります。
その証拠と成る事が見付かればの話です。
先祖が紀州に居た事があるのか、美濃で変紋したのかの証拠です。
実は紀州の違い鷹の羽の説も完全に否定できないのです。
紀州北部の奈良伊勢との国境域にはこの一族の伊勢の秀郷流青木氏が定住していました。

さて、そこで、群馬上野は武蔵の北部ですが、此処は藤原秀郷一門の宗家の定住地の北部の外れです。
利根郡ですので全くは縁の無い所ではありません。
何時この群馬に移動したのかと云う事に成ります。

秀郷流青木氏で在る事には疑問がありませんが、脩行系か秀郷流青木氏の分家筋かの判別に成ります。

これ以上の事は判りません。
恐らくは、「秀郷流近江脩行系青木氏」(紀州)と観ています。

兎も角も、研究室とルーツ掲示板の検索で、全国から届いている「脩行系青木氏のお便り」をお読みください。何かヒントが出る事もあります。
ご先祖の解明に繋がる何でも簡単な事でもありましたら、お便りをください。