<-ホーム
雑談掲示板
管理用

最新投稿タイトル 50
 みどりもみじ(0)  趣の違(0)  矢車草(0)  :群草(0)  すみれ(0)  梅香(0)  春の女子(0)  春の音(0)  木枯らし(0)  仙水(0)  侘助(0)  三平柿(0)  浜木綿(0)  あざみ(0)  いちょう(0)  ひよどり(0)  まゆみ(0)  小雀(0)  彼岸花(0)  金木犀(0)  テッセン(0)  運動会(0)  百舌鳥(0)  日日草(0)  釣鐘草(0)  ひゆの花(0)  百日紅(0)  夾竹桃(0)  夕日の浜(0)  人影(0)  杉香(0)  神宿る岩(0)  山香(0)  生姜(0)  白芙蓉(0)  芙蓉(0)  槙(0)  夏海(0)  涼宵花(0)  紫薇(0)  「すくろ」(0)  紫陽花(0)  名もないラン(0)  自生のラン(0)  自然訓(0)  臥竜梅(0)  エゾの花(0)  禅庭花(0)  甘草(0)  沈丁花(0)  楠(0)  アマリリス(0)
※宣伝禁止です。 ⇒宣伝・募集はこちら
※ここは雑談用の掲示板です。ルーツなどの専門的なご質問は青木ルーツ掲示板へどうぞ
■お名前
■メール
■題名
編集/削除用パスワード

※ルーツなどの専門的なご質問は青木ルーツ掲示板へ⇒宣伝・募集はこちらへどうぞ
[14342] みどりもみじ
服管理人
2018/05/13 13:07 - パソコン
 散歩中、静かな小池にさざなみがたちました。
そして、そのさざなみに緑の何かが揺らいでいます。
何かとふとみると、それは新緑豊かなもみじでした。
もみじと云えば、それは紅葉のもみじの印象です。

でも、小池のほとりの池にかぶさるように生えた山もみじには驚きました。
その趣は紅葉には負けていません。と
そして、小池に映る山もみじはそれが小風のさざなみに揺れているのです。

小風と小池と山もみじが綾なす「趣」に紅葉に劣るものではありません。
そこで、素直に一句です。

さざなみに みどりもみじの 揺らぐ彩

山の小池の周囲は小風で冷たくて、そして実に静かでした。

周囲の木の香が漂う昔、子供のころに小鮒釣りに来たところです。
ふるさとを訪れて、思い出したのが、この池での小鮒釣りでした。
だんだん畑に水を灌ぐための「ため池」です。

小さい頃は何の気もしませんでしたのにこの雰囲気も今は心に響きます。
池が織りなす様は一つ一つが新鮮な趣と成って映るのです。
人の世もこんな様ですね

返信する
上↑
[14341] 趣の違
服管理人
2018/05/03 10:27 - パソコン
 薔薇が咲き、木瓜も咲く心華やぐ季節と成りました。
家の中庭の花壇にこの二つの花が植えています。
恣意的に植えた訳ではありません。結果としてそうなったのです。
どちらも手入れががよく似ていて時期も同じだからでした。
木質も似ていて手入れの仕方で枯れたり花が充分に咲きませんし、剪定した処置もトゲで困るのです
はっきり云うと面倒な木で,花の趣が大変好きですが実はこの木の質は好きでは無いのです。

今年も手入れがよく花が同時に咲くということが起こりました。
薔薇の香りは何よりも優れています。花は「華やかな趣」ですがむ「詫寂の趣」とまでは行きません。
でも、「木瓜の花「」の落ち着いた「雅な趣」も見逃せないのです。
私には何れもこの花には「相対の趣」の感じがし、どちらが良いとして見放すのが難しいのです。
そこで、一句です。

薔薇の華も おもむき近寄り 木瓜の雅も

薔薇も木瓜もイバラ科で、「手入れ」は「蕾目」を一つ残し同じ「一枝二葉の原則」で念入りに時間をかけて手入れをします。
トゲがあるので「手入れ「」が面倒、でも」「手入れ」が上手く行く」と、花はそれぞれの花の美を醸します。
虫が主枝の中に巣を作り虫にも弱く枯れる事が多いのです。
何れも世話の掛かる木です。この花は女性のタイプに例えられるようですね。
世の中にも「薔薇に近い人」、「木瓜に近い人」がいるといつも思います。
あなたの好みはどちら。

返信する
上↑
[14340] 矢車草
服管理人
2018/04/20 10:33 - パソコン
 「やぐる草」の花はどこでも咲く強い花です。
石垣の「ちょっとした隙間」にも花を咲かせます。
そして、種が飛んで群がって咲く傾向があります。
「家の花壇」に植えていた「やぐるま草」もいつの間にか花壇には少しになり、風で飛ばされて今年は「思い掛けない場所」から花を咲かせました。
なんとなく「世代交代」を感じさせる「わびしい時間」の「感じ」がしました。
そこで、特段に「技巧」に走らず「言葉の趣」を「素直」に詠んだ一句です。

矢車の 野積の花は 独部屋

なんとなく愛着が湧き、「一輪挿し」に入れて飾ってみました。
そこは「老いの独部屋」でした。
その部屋からは「五月の空」で「風車が回る鯉幟」が風に吹かれて見えています。
この例え様もない「詫寂」も何もない私の「一人部屋」で生き返ったようでした。

「鯉幟の矢車」もこの「花の形」から来ているようで中国では、「信頼の得られる縁起の良い花」とされています。
そう云えば、「勲章」などの形もそうでしたね。
「一人部屋の矢車草の花」もそのような気持ちにさせてくれるような気がしました。

そこで余談です。
そもそも、「言の葉」には古来より」「色々な意味合い」を持たせています。
それを知った上で歌や句を読み取る必要があるとし、そのためには「技巧」よりは「素直」が大切と教わりました。
「技巧「」は無味、その為には、「言の葉」の出来た「語源や謂れ」を辿ると"人が創った「言の葉には古来より色々な意味合い」を持っていて、それを「教養」として勉強する必要がある"とし、先祖代々、「身だしなみ」として会得し、其れを以って「絵や歌や句の師匠」として活躍していたので、この関係から若いころからこの事を強く教わりました。

「矢車や矢車草や野積みや部屋や花」の「言の葉」には、「多くの意味」を持っていてそれを俳句や歌で、如何に「聞き手に知らしめるかの行為」で、それを「詠み手と聞き手の教養とのキャツチボール」という事でしょうか。
でも、私は。「技巧」をベースとする技術者でしたので、それだけにできる限り勉強はしていますが、この「素直」には苦労している感じがします。

返信する
上↑
[14339] :群草
服管理人
2018/04/08 13:35 - パソコン
 熊野路には、未だ山の峠道の数軒の村があります。
そこには山田の稲の刈跡には春になると数センチ程の低い草には薄い紫の色をした5ミリ程度の四つ花弁の花が咲き誇ります。
これが草が見えない程になるのです。この山田はこの薄紫色で覆いつくされます。
村の庭先に植えられた「勿忘草」も負けじと「むらさき」を競っているかの様なのです。
平安期に夢を馳せて「趣の想い」が蘇りました。
そこで、一句です。

群草も 紫競う 勿忘草 

欧州の外来種の「忘れな草」には、類似所として園芸用として開発され、雑種となった「エゾムラサキ」や「むらさき」や「ノハラむらさき」があります。
ところが、この「群草(むらさきくさ)」は他のものと違って、その様は小さくて四花弁で草目も見えない程に小さくて花だけが目立ち遠くからも近くからも”「むらさき」”そのものです。
平安初期の歌にも多く詠まれていて、「日本の古来種」で希少植物に指定されています。
”群がって咲く”この”薄むらさきの花”から、「むらさきの語源」が出たとされています。
一説では、この花で古代は「染料(史実)」とした説もあります。
他説では、奈良期からの肥料として「村の田」に「咲く花」から来ているとも云われていて、この説の「語源の根拠」は、れんげ草と同じく「山田の肥料」として使われていた事からだとしています。
いずれにしても正しいと思います。

村の庭には、現代の「通称の勿忘草(忘れな草)」が広がっていて、「山田の群草」に「紫色」を誇示しています。
何か「古代(伝統)」と「現代」とが競う様ですが、この「群草」には今でも「むらさき」では到底勝てませんでした。「彼世」はこの様なところでしょうか。
「現世」にもこの様はありますが、矢張り、現代>古代ですね。

返信する
上↑
[14338] すみれ
青木
2018/03/27 08:37 - パソコン
 老いの背に迫る「都会の変化」の少ない喧騒ばかりが気になる「マンション生活」に訪れた「一瞬の景色」を喜んでいます。
それはあまり日差しの当たらないベランダなのです。
でも、そこにはどこからか風で飛んできた野草のすみれの目が出てきました。
最初は野草程度と思ってそのうちにとればよいと思って放置していたのです。
ところが、ある日の朝、話題が少なくなった妻がベランダに小さい紫色の花を二輪見つけて”あれー”と声を上げていたのです。
何事かと観に行くと、老眼でよく見えない程度の「小さいすみれの花」でした。
その日はこの「すみれの花」で話題が沸騰し「故郷」に及び懐かしい気持ちにしてくれました。
「故郷」を思い起こしてくれたありがたい”ベランダ様様”と”すみれの花様様”です。
そこで 一句です。

妻騒ぐ 咲くすみれは ベランダに

どこに何があるかわからないこの世の出来事です。
田舎では何の反応もしなかった花です。
”「小さい趣」(しあわせ)”とは離れて味わえるものかも知れませんね。
そのように感じる事のできる夫婦でした。
人生の”今悟る感謝です。”

返信する
上↑
[14337] 梅香
青木
2018/03/17 10:39 - パソコン
 朝起きて、ゆっくりとマンションの窓を開けて外を見ていると、何となくかぐわかしい香りが入ってきました。
窓の下を見ると、一本の梅の花が一度に咲いていました。
毎日、まだかまだかと待っていたのです。
でも、予想外に「寒さ」が続いて花が見えませんでした。
ところが、今日は一度に温かくなり、さすが「梅」も待ちかねた様にばっと咲いたのでしょう。

「私と梅の心」が一致した瞬間でした。
それを教えてくれたのが記憶に深く刻まれた「香の教え」でした。
そこで、一句です。

高窓の 香の眺めに 梅たより

「田舎」で育った私には「老後の終の棲家」にした都会のマンション群れには「自然を示す情報」が少ないので心が荒んでいました。
ところが、ただ一本の香りの高い「白梅の木」が駐車場の隅にあります。
その木が「梅香」を私に態々届けてくれたのでしょう。
「梅の癒し」に”たよる”一瞬の「梅のたより」でした。
「自然」に感謝です。
「人生」には、「救う神」もありますよね。

返信する
上↑
[14336] 春の女子
青木
2018/03/10 15:00 - パソコン
 寒さもほころびそれに引きずられて子等が外に出て来ました。
そして、草花の咲く小さい川の縁に茣蓙を敷いて”ままごと”を始めたようです。
女子等は何やらワイワイガヤガヤと騒いでいます。
傍の大きい桜の花もつぼみが出て何かピンク色で人や景色を和らげている様です。
そこに”女子等のままごと”が始まったのです。
この「桜」も負けじと「花やぎ」を見せた様で、何だか微笑んでいる様です。
何時も学校の往来を観ているこの桜も、この様を観て寒さから解き放たれて微笑んだのかも知れませんね。
田舎のまだ残る田園風景です。
そこで 一句です。

川縁の 茣蓙のうたげに 花笑う

現実には桜は笑う事はありません。
でも、人の「心の趣感」がその様に感じさせたのでしょう。
現実に右脳のベータ波と原始脳の一つの複眼が反応すると、人によってその様に感じる様なのです。
そもそも「俳句」とは、技巧では無く「趣の素直な発露」です。
この世もかくあればもっと楽園に成るのでしょうが。

返信する
上↑
[14335] 春の音
青木
2018/02/25 11:54 - パソコン
 楠の葉が枯れて赤葉が道端を埋めています。
何となく踏みつけるのも情緒が無く忍びない気がして隙間を選んで歩いていました。
そうすると後ろの方で渦潮の音の様なものが付いてくる様なのです。
オヤ!と思い振り向くと何とそれが「楠枯れの固い赤葉」と道路とが擦れた音だと気が着きました。
幼少の頃海の近くで育った私には「潮の音」の記憶も強くあるのです。
この記憶が無ければクスの落ち葉の音だと直ぐに認識するでしょう。
でも、一瞬違ったのです。

追風に 赤枯れ楠葉 渦の音に

人間の記憶が多ければ多いほどに判断の瞬間的な情緒感が異なるものです。
これは「感情的な情緒」に拘らず「論理的な思考」も左右されています。
技術者であった筆者の長い経験からの悟りの様なものなのです。
この知識と経験と一瞬の脳の現象が大事なのでしょう。

(注釈 ”「追風」”は「あらゆる香り」を運んでくる「特別な風」で後ろから吹いてくる風としても使われこの意味も含んでいます。)

返信する
上↑
[14334] 木枯らし
青木
2018/02/12 10:34 - パソコン
 「木枯らし」が吹きすさむ朝の日に、我が庭に咲く丹精を込めた水仙の花や冬のバラの花に無情にも遠慮なく吹きすさむ様を観て何とか壁に成ってやりたいと思う気持ちが沸き出でてきます。
風よけの囲いをしました。でも「木枯らし」は容赦がありません。
何か「木枯らし」と喧嘩をしている様で、これでもかこれでもかと工夫して何度も「壁の戦い」をしました。
でも、結果は私の負けでした。壁を作れば作る程に「花の趣」は消えるのです。
「自然の力」には勝てません。「風邪のパンチ」を食らいました。
そこで、一句です。

木枯らしの 花の仕打ちに 我の嘆き

でも、嘆いてばかりいられません。負けん気の強い私に一つの知恵が生まれました。
家の中に入れて「風情のある花瓶」に添えて寒風で飛んでしまう「彼らの香り」と「花の風情」を取り込み「一輪刺し」で「彼らの趣」を生かそうとしました。
寒風では一週間ですが、二週間は咲き誇りました。私の勝ちです。
この嘆きにはこの世の生き方を私に教えてくれています。

返信する
上↑
[14333] 仙水
青木
2018/01/24 10:20 - パソコン
 庭の仙水に朝日が当たり水も温もりを持ち始め微かな毛霧が立ち込め始めました。
これを知ったか小雀の仲間が山谷から降りて来ました。

このやや大きめで花崗岩で堀った臼の様な形の仙水の周囲に水仙の花が咲き始めていました。
この喧騒の匂いを含まない純粋な香りを合図に誘われてか毎年の様に覚えていてやってきたのでしょう。
でも小雀の世界も世代交代している筈です。
この記憶が子供や若い仲間にも引き継がれてきている証拠です。
自然の不可思議を感じる瞬間です。

そこで 一句です。

枯木(き)に小雀 温む小鉢に 仲間呼ぶ

この小雀は先遣隊なのかも知れませんね。
この先遣隊の小雀がいつもより強く鳴くとどことも無く隠れていたかの様に一斉にやってきて古い柘植の木に集まるのです。

何で柘植の木なのかですが、この木はこの仙水の傍にあって、何百年も経っている歴史を物語る古木なのです。そして、柘植はなかなか大きく成らない白くてつるつるで枝ぶりの少ない木なのです。

伝統としてこれも目印としてこの小雀の一族に伝統として引き継がれてきているのでしょう。

返信する
上↑
[14332] 侘助
青木
2018/01/17 10:07 - パソコン
 椿の種類に侘助と云う椿があり、藪椿や白山椿とは少し違った趣を持っています。
何と云うか藪椿のような「野生の強い主張性」や白山と云った「王者の風格」がないと云うか、それでいて椿としての凛とした花の趣を持っています。
これは花柄のみでは無く木柄も同じです。

一枝のみならず満開にしても咲くと、この趣が辺り一面に醸し出されます。
隣の藪椿もひけ取っている様です。
そこで、一句です。

おそれなす 藪や白山 侘助に

椿には200種以上の種類があり、中でこの侘助は四国巡礼の弘法大師様に因んで作られたとも云われています。

侘助の趣は「真言宗の極意」かも知れませんね。

返信する
上↑
[14331] 三平柿
青木
2018/01/07 12:39 - パソコン
 道路沿いにある 古い柿の木があります。
この木は「三平」と云う名の木で普通は猛烈な渋柿なので干し柿にします。一寸普通の木と違う枝ぶりをしています。
少し色づいたところでもういいだろうと食べると口の中が固まってしまうほどの渋柿なのです。
だから、人や鳥はよく知っていてこの柿をある熟す時期まで待つのです。
その熟す期間が実に狭いのでもう良いだろうと思って食べると大変な事に成ります。
通りに面していますので、人にも獲られるので警戒が必要です。
そして、私と家に居ついている鳥もその熟す色合を良く知っているので目の競争です。
普通の柿は赤く熟すとすぐに落ちたり崩れたりすると虫にやられてしまうのですのですが、この柿は違います。
”明日いけるぞ”と狙いを定めて昼に向かいました。無く成っています。
そこで、一句です。

だれかしら 柿奪われし 悔しさか 

あの人なのか、あのにっくき定住鳥なのか。この時は、理性を超えて憎しみが満杯です。

返信する
上↑
[14330] 浜木綿
青木
2017/12/31 10:37 - パソコン
 故郷の砂浜に佇んでいると潮の香がしてきます。
そして、歩いていると周囲には野生の浜木綿の群生がありました。
その美しさに如何にも見るだけで強い香りを感じるのです。
人は潮香と同じく花を観ると、独特の香りがあるものと感じつい嗅ぐ脳の記憶癖があるようです。
そうすると、何時か浜の潮の香が不思議に消えて浜全体が浜木綿の香りに成っている様に錯覚をしたのです。

潮香でも 浜木綿の香に いずれ似る

浜木綿の香りは曼殊沙華の花の様な強めの涼やかな香りがします。
入浴剤にも使われる香りで和歌山県や千葉県の温暖な浜で見られます。
人の「故郷の記憶」として「浜木綿の香」が脳の片隅に染み込んでいる様です。
「潮の香」によく合う「浜木綿の香り」です。浜に咲く花もその様にしているのでしょう。
それが、同じ記憶として「潮の香」と融合して「浜木綿の香」が脳を独占したのでしょう。
この句は私の人生訓です。

返信する
上↑
[14329] あざみ
青木
2017/12/25 14:48 - パソコン
 秋過ぎて小寒の道端にあざみの穂綿が未だ残っています。
ところが、突然に空に巻き上がる様な風が吹いてきました。
その竜巻の様な風は、見る間に季節に見合わぬ「あざみの残り穂綿」を空に舞い上げてしまいました。
それが飛んで何と屋根よりも高く鳥の一団の様に舞って飛んで行きました。
そこで 一句です。

風湧きて あざみの穂綿 屋根を舞う

この様を見ていると、いよいよ冬が来るのだなと感じ、何だか肌寒い落ち着かぬ気持に成りました。
何だかもがく人の生きざまの様な気もします。

返信する
上↑
[14328] いちょう
青木
2017/12/16 11:41 - パソコン
 わが家の片隅にある秋の盛りの大イチョウの木は黄葉し、木の下は落ち葉の黄色で一色に染まっています。
庭があまりに賑やかなのでそっと覗いてみると、そこにあまりの美しさに近所の子等が黙って茣蓙を敷いて輪になって座りお菓子の様なものを持ち込んで楽しそうにおしゃべりをしています。

確かに鍵はしていたのですが庭に入っています。
母親らが手伝いをして入れたのでしょう。

何か童とイチョウが融合している様な感じがして黙って観ていました。

そこで、一句です。

里庭に 童と銀杏 茣蓙一つ

この木は銀杏の実は成りません。300年以上の大木です。
町の何処から観ても高台にあるこの木は見えるのです。
この程度の事は黙っているのがここの近所付き合いです。

返信する
上↑
[14327] ひよどり
青木
2017/12/11 14:40 - パソコン
 朝が明けるか開けないかの頃に成ると必ずと言って良いほどに「ひよどり」がやってきて強く甲高く鳴くのです。
丁度、私を起こしに来る様にです。
そのたびに障子の紙にびりびりと響くのです。
何時もこの響き音を聞くと、あぁもう朝だなと何となく薄く目覚めるのです。
そして平和な一日が続きます。
そこで一句です。

ひよどりの 障子に響(き)く うすめざめ

山懐の我家には、今でもこの風景が続いています。
この「ひよどり」は、庭仕事で私が傍に近づいても逃げる事はありません。
「ひよどり」も私を認識しているのかも知れませんね。
だから、起こしに来るのかも。鳥との間にも不思議な仲間関係が出来ていると信じています。

返信する
上↑
[14326] まゆみ
青木
2017/11/26 15:39 - パソコン
 朝早く散歩をしていました。
近所のおうちの垣根の夜露に朝日が柔らかく当たっています。
その垣根の葉から落ちそうな露に光が当たり、ピカっと光りました。
それに気が着いて観てみると、その木には花が咲いているのです。

でも、その花は「花」と云うよりは、何とも云えない柔らかい感じで品のある薄紫と白のコントラストを加えた1センチくらいの複雑な塊の様な物なのです。

その花の先は小さなスコップの様な花の形をしていて、そこに夜露が溜まりスコップの尖がった先から夜露がおちる瞬間であったのです。

それは絶滅危惧種の木でその花が咲いていたのです。
でもこの山里の麓にはあった大変に珍しい木なのです。
都会では絶対に見られない木の種類なのです。
御主人に聞きますと大変に手入れの難しい自慢の木なのでした。
そこで、一句です。

山里の 朝の垣根に まゆみかな

万葉集にも四句も読まれています。
それは気品のある心の中にある思いの残る木であると読んでいます。
花の名は恐らくは花の形が弓に似ている事から付けられたものでしょう。
この木は「雄雌」の木があり、「雄の花」と「雌の花」は少し違っています。
「木姿や葉姿や木質」も異なり一見すると違う木に思います。
然し、相互受粉し生きています。
雄木は垣根に、雌木は庭木にあっています。
共にこの木はまゆみの花の咲き終わる頃に紅葉をします。

自然界を生き抜く上での実に珍しい仕組みに成っています。
それだけに現代では生き抜くことが難しいのでしょう。
何だか人間によく似ている様ですね。

(左メニュウの写真館の6Pの末に記載)

返信する
上↑
[14325] 小雀
青木
2017/11/16 11:44 - パソコン
 冬支度に入る秋の朝に山の谷から待ちかねたかの様に、住宅化が進んだ山裾の中でも頑固に枯山水を保っている我が庭に「小雀の群れ」はやってきました。
群れは、餅の木の実やナンテンの実を啄んでいます。
そして、最後には雨水の溜まった庭の小鉢に降りて来て水を飲んでいるのです。
これを順番待ちの様に何度か繰り返すのです。
どんな「群れの規則」があるのでしょう。
よく見ると「シジュウ小雀」です。
親族や家族の群れの一群ではないでしょうか。
鳴き具合からして水のみ順は先ず年寄りからかも知れませんね。
小鉢の淵はいっぱいに群れています。

喧騒の中、わが家の庭は何とも云えない愛らしい情景の一つが演出されています。
紅葉も散り始めた冬に入る間際の晩秋の情景です。

そこで 一句です。

仲間呼び 涼む小鉢に 小雀の群れ

雀より一段小さい「小雀「(ガラ)にはたくさんの種類があります。
毎年、我が家を訪れてくれるのは「シジュウガラ」です。
我が家を覚えてくれているのですね。
覚えてくれると云う事は年寄りのシジュウガラが何匹か居て群れを導いているのですね。
「小雀の世界」でもこれを年寄りから若年寄りと引き継いでいるのでしょう。
毎年、わが家の「枯山水の庭」を忘れずに訪れるのも、又、「世の規則」として引き継ぐことでは小雀の世界も「世の輪廻」に従っているのですね。

返信する
上↑
[14323] 彼岸花
青木
2017/11/10 14:21 - パソコン
 老いての務めの帰り、日暮れ間近の「霞む坂道」(くれなずむ)を歩いていました。
その道際に咲く「彼岸花の影」が長く道に照らされています。
そして、この二つの影が自分に追って付いてくる様に感じたのです。
その時、私の脳裏に彼の世の両親の事が浮かびました。
何か涙が出る様な寂しい感覚に襲われたのです。
暫くこの「感覚の影」と共に歩いていました。

秋の暮れ行く風情と、老いた自分と、亡き父母の慕情とが重なり自分もこの霞む「秋の夕暮れ」と同じの様に思えたのでしょう。

そこで 一句です。

霞む ながい「彼岸」の 影さみし

”「彼岸」”は、彼岸の時期と、浜木綿科の香りと風情と小さいときにこの花を使って首飾りをしたことなどを総合的な意味を持つその「花の事」を私の地方では花とまでは言わずとも”ひがん”と呼んでいます。
もっと云えば、先に花が咲き、枯れてから葉が出て来るまでの事なのです。
そして、その「葉」は来年に咲く為の栄養素を小さい球根に蓄える「浜木綿科の特徴」をより鮮明に特別に持っているのです。
これは、「葉」で子孫を遺す「人の世の成合」(路)と似ているから、「彼岸花」「曼殊沙華」とも呼ばれます。

返信する
上↑
[14322] 金木犀
青木
2017/11/04 14:04 - パソコン
 秋風吹く肌寒い中、散歩していました。
ふと気が着くと何時もと違う空気の「香り」がします。
それが、秋の小風に乗って運ばれて来たのか、将又、そもそも、何も特別な「香り」が漂っていないのか、又、その香り自体が何なのかよくわからない程度のものなのです。
でも何時の辺りの香りと違う気がするのです。

私のカンの様なものがその様に微妙に感じ採っているのです。
でもその「香り」(か)は金木犀の様な「香り」だと密かに脳で判断している様です。
これは、私の癖の理屈から導き出した「風情の物」かも知れません。
でもこの感覚は単独では無く小風、空気、木犀とかの幾つかの要素で組み合わされた「脳の記憶」ではないでしょうか。

そこで、一句です。

小風にか 妙に潜むか 木犀か

そもそも、「万物」には何某かの「香」を持っています。
「香」(か)の無い物も「無い」と云う「香り」(か)です。
「色不異空 空不異色」と仏教でも説いています。
この世では、「香」が「有る」から「無いと云う概念」が生まれ、「香」が「無い」から「有ると云う概念」が生まれます。
いずれにしてもこの片方が無くてはこの「有無の概念」は生まれません。
でも、この俳句の通りこの両方に当てはまらない感覚の概念があるのだと気が付きました。

これこそが何とも云えない「小秋」にこそ味わえる「詫寂の感覚」なのかも知れませんね。
「詫寂」とはこの様な事なのかも知れません。

返信する
上↑
[14321] テッセン
青木
2017/10/29 13:49 - パソコン
 台風一過、空は雲一つないさわやかな秋空に成っています。
ふと観るとわが家の門扉に絡んでいたテッセンが依然として夏の面影を残して絡みついているのです。
暑かった夏の日差しから頑張り抜き、何か秋の爽やかな秋の空を見たそうに頑張っていた様な気がしてなりません。
花の色もやや日焼けしたように気がします。
然し、そのテッセンの命も涼風に持って行かれそうな日が近づいています。

そこで 一句

涼風に 門扉に絡む 紫蔓

テッセンはキンポウゲの仲間です。 
この毒性を持つキンポウゲ科のテッセンには二つの種類があり、一つは鉄線草、一つは風車草で昔から日本人に好まれてきた草で何れも蔓族です。テッセンは弱性ですが、5センチ位の紫の強い花を咲かせます。
初夏に紫の花が咲き、針金のような蔓で門扉や固い木などなどに巻き付いて夏の厳しい環境に耐え抜いて生きています。
何度も夏の台風などにも耐え抜き、強い虫にも耐える健気な草花です。

既に涼風の吹く晩秋に成るも、このテッセンが未だ咲いているのです。
そして、晩秋のこの頃、毎日そのわが家の門扉の下を潜る時には何となく愛しさを感じるのです。
その姿は、この世の荒波を耐え忍んで生きて来た母の面影に似ているのです。

返信する
上↑
[14320] 運動会
青木
2017/10/24 10:13 - パソコン
 幸いにも晴天の秋空に老いた体で孫の運動会を見に行きました。

昔の子供の頃を思い出しながら見ていました。
いよいよ孫の出番です。
綱引きの様です。
空砲が響きました。秋空に一斉に子供らの甲高い声が突然に運動場に広がりました。
何と、その声の中にはもう一つの甲高い声が聞こえて来ます。
それは、ママ友等が興奮して応援席の前に出て、綱引きの様な応援の姿勢で引いているではありませんか。我を忘れたかの様に力んでいます。
勝負がつきました。子等と同じ様に座り込んでいます。
何とも言えない微笑ましくも懐かしい光景でした。

そこで 一句です。

声高く 綱引く子等に 親りきむ

世はかくあるべきです。
世は人の遺伝子を母親が引き継ぐの通り、”世は母親で保つ”の格言の通りです。
この一場面でもよく判ります。

返信する
上↑
[14319] 百舌鳥
青木
2017/10/18 10:26 - パソコン
 八手の白い花も終わり実が成ります。
この実を小鳥たちは競って食べようとして、群れでやってきます。
然し、百舌鳥は宣言するかの様に、周囲に向かって自分の物だと宣言するかの様に高い声を上げるのです。
最近はこの渡り鳥も渡らずに一度山の静かで温度の低い山間で夏をやり過ごし居つく鳥もいます。
庭の百舌鳥や目白も年中いる様で、枝にとまる木まで同じところです。
ですから、この八手もこの百舌鳥の持ち物なんでしょう。
そこで、一句

八手には 百舌鳥の雄叫び 他を寄せず

目白も最近は保護鳥ですので多く成り中には森で籠り、渡り鳥では無く成ったのでしょう。
年がら年中、やってきますよ。
百舌鳥と目白も庭と谷との間を行き来している様です。

鳥の世界も、大きく変わりましたね。
温暖化なのに日の当たらない谷間は四季を通じて冬なので、渡らなくなった鳥たちの永住の住みかという事で変わりましたね。

返信する
上↑
[14318] 日日草
青木
2017/10/10 14:28 - パソコン
 日影の多い竹藪は 薄暗く雑草は生えていなく、竹の葉だけです。
でも、そこに遠くから観ると、赤いものが見えるのです。
何だろうと近寄ると日日草の群れが互いに絡み合って倒れないように深紅の花を咲かせているではありませんか。
暫く見なかったこの竹藪に、何故か日日草の種が風に乗って飛んできて、先ず一つ咲き、次ぎの年には仲間が数十株増え、何時しか仲間や子孫を倍々増して行き、これほどまでに見事な「日日草の村の楽園」を築いたのです。
そして、この竹藪は、何と最早、「日日草の花の村」と成ったのです。
何かしら、「極楽の様な花園」を観ている不思議な感覚に陥りました。
そこで 一句

竹藪も 日日草の 生きる村

日日草は、花が咲き終わると固い鞘が出来て、その中から弾いて固い黒い種が飛び出すのです。
その時の音は、”パッチ”と云うすごい音がします。
普通、植えた訳でもないのに何でこんな環境の悪い竹藪に飛んでくるのでしょうか。
近所の庭から風に乗ってここまで飛んできたという事でしょう。
そして、その一つの種がこれだけの子孫を増やしたのです。
不思議な論理的に割り出せない感覚を頭によぎり、この長く咲く日日草と深紅であったからこそだらこそ「極楽園」のような印象を持ったのだと思います。
あの世は事は判りませんが、この世の「不思議」の一つです。

返信する
上↑
[14317] 釣鐘草
青木
2017/09/29 11:36 - パソコン
 「釣鐘草」には一つの枝に幾つもの「釣鐘に似た花」が日影のところに咲きます。
この花は「風鈴草」とも呼ばれます。
普通知られているのはこの風鈴草の方です。
ところが、この花には、もう一つの種類の花があり、「紫草」の様に低く群がって「つつじ」の様に一花で咲く種類とで、当に釣鐘の様に咲く種類があります。

何れも「高湿」で「日影」に咲く花です。
でも、咲く時期には「日影の世界」で咲く「春のつつじ」の様な扱いと人気を得ます。
負けてはいません。
取り分け、この咲く時期も同じ「南国原産のこの釣鐘草」には、「花形」もよく似ていてもて囃されるのです。
そこで 一句

釣鐘草 日影の身の つつじかな

「春のつつじ」には、「詫寂」と云うよりは「華やかさ」が、でもこの春から秋にかけて長く咲く「釣鐘草」は「三季の詫寂」を主張する草花なのです。

「夕暮れに映えるお寺の鐘」も、この名をもらった「釣鐘草」も「主張する詫寂の草花」でこれに勝るものはありません。
人生でも「春のつつじ」ではなくこの様な「粋な生き方」をする人が居ますよね。

返信する
上↑
[14316] ひゆの花
青木
2017/09/19 11:32 - パソコン
 私に執っては子供の頃の「故郷」を「色」で表すと、紫の淡い色の「ひゆの花」と成ります。
今は、どこか「松葉牡丹」に似たこの花も都会では改良されて大花と成って「家庭の花壇」に敷き詰められて「庶民の花」と成っています。
でも、どこか「野辺のひゆ」には心に響くものが違うのです。

故郷の子供の頃の「ひゆ(すべり)」の「紫花」は雑草として嫌がられるほどに増え、庭では嫌がられる草花でした。
葉は厚葉でなかなか日照りでも枯れず整った庭を乱す草花で、取っても取っても生えてくる「しつこい草花」でした。

草の千切れたたった一筋の枝軸だけでも簡単に根ずき広がるのです。まぁはっきり言うと「嫌われ草」でした。
それだけに、田んぼの蓮華草の様に庭に広がり咲く花は愛しく印象に残る草花です。

そこで、一句

野辺のひゆ 敷石に溶け 郷の紅

この草花は庭の青石などの縁にしがみ付いて咲く草花で、他の雑草の中では生存競争に負けてあまり広がりません。

あまり草けの無い保湿している様な所にへばり付いて頑固に咲くのです。
その様には異質感がないのです。敷石に同化しているかの様に生きて咲くのです。
でも、「詫寂」の「野の草花」なのです。
それ故に、その「花の色」は大昔から”「ひゆ」”と云うしっかりした「花名」をもらっているのです。
恐らくは、宮廷に咲く「紫薇(百日紅)しび」の「花の色」に似ていて、「万葉人」に好まれたのではないでしょうか。
「花の色」のみならず、そして、この草のその「草の生きざま」にも共感を覚えさせたのではないでしょうか。
それは私の心には今も変わりません。

返信する
上↑
[14315] 百日紅
青木
2017/09/09 09:56 - パソコン
 年を経た何時も観る百日紅の木肌は、皮が剥け、花は古枝に咲くように成りました。
百日紅は、今年の新しい薄茶色の肌色に枝がのび、その枝先から枝下にかけて鈴木の穂の様に長い穂の様な花を咲かせます。
ところが、50年も経つと太くなった木肌には新しい木肌を生み出す為に前の古い皮を自然に剥がすのです。
そして、その枝に咲く花は、短い枝先にちょろちょろと咲き、古木の花は、新芽の枝は少なく成り、その様に変化します。
普通は咲いた後の木の下は、深紅のジュウタンを敷き詰めた様に成りますが、古い枝の花はすぐに風で削がれてしまい長く咲きません。
百日の紅の印象は低下します。

この花を観ていると、「男の生きざま」を観る様で、”刺すような侘しさ”を感じるのです。
これが毎年の事に成り、この「百日紅の生きざま」と重なります。

そこで、一句

こころ刺す 五十路男は 百日紅

百日紅は長寿の木で、その為に自ら皮を剥がしながら虫などに浸食されない様に木肌を保ちます。
これがサルもすべる程のつるつるの木に成る事からきています。
猿滑るの名にはこの様な意味が含まれているのです

剪定は難しい方で、気質を知った上で剪定をしないと古木は維持出来ないのです。
剪定を失敗すると、太い木でも木の真ん中に大きな穴をあけられて枯れてしまいます。
少なく成った新芽を大事に守りながら古木を維持させるのです。

定年間際の「男の人生観」を悟らされる木です。

返信する
上↑
[14314] 夾竹桃
青木
2017/09/02 11:25 - パソコン
 「夾竹桃」は、その昔中国の宮廷で好まれて栽培されていたと云われ、それが日本に伝わったと成っています。
この為に、その名は、葉が細い竹の葉に似ていて、花は桃の花に似ている事からこの様に付けられました。
確かに、遠くから花を眺めるとあの穏やかな桃の花なのです。
ところが、”美しいものには刺がある”の如く、猛毒の木で花も木も葉も毒で木を守っています。
それだけではないのです。
その周りの地面も猛毒に染まり、木や花には虫も鳥も集まりません。
ですから、受粉して種が弾いて木が広まるという事は先ずありません。
全て、接ぎ木や株分けでなどで広まった木なのです。

でも、良いこともあるのです。
木の周囲には草が生えませんし木は虫で枯れるという事はありません。
剪定も木は柔らかく坊主にするだけで済みます。ですから宮廷に植えられたのです。
でも花は夏の暑い中でも可憐で人を引き付けます。
そこで 一句です。

寂しげに 夾竹桃 花は桃

この猛毒は半端ではありません。牛や馬など少しの葉でころりと成るのです。
地方では、”牛ころり”と呼びました。
それなのにここまで広がったのはそれなりの良さが環境にあっての事で扱い方なのでしょう
この世の中にもよく似た事がありませんか。
何か、この花を観ると何か私の人生に似ていて「人生の悲哀」を感じます。

返信する
上↑
[14310] 夕日の浜
青木
2017/08/19 09:29 - パソコン
 郷の夏の盆のある高台から浜を観ると、昔懐かし夕日が出ています。
でも、何だかしっくりしません。
未だ小さい頃はこの浜で遊泳したり潮干狩りしたりして過ごした浜で、夕日が出る頃に高台にあるわが家へと帰るのです。
それが私の脳裏に残っているのです。

昔は、万葉集にも何句も詠まれた浜の美しさなのです。
でも今は影も形もありません。
街に覆われてみる影もありません。
でも夕日だけは出ています。
「夕日の美しさ」よりも移り行く「現世の悲哀」を感じる寂しいと云うか空しいと云うか憂いと云うかなんとも言えない「心の一時」でした。

そこで、一句

寂しげな 夕日の浜は 今は街

街の人は、「反省の心」を込めてか、お祭り時には「花火」をこの浜の先で揚げるのだそうです。
昔の浜は心を拾い上げてくれる浜でした。今は喧騒を感じるばかりの浜と成って仕舞っています。
時代は「人の心」をこの様に変えてゆくのが判りますね。

返信する
上↑
[14309] 人影
青木
2017/08/15 11:14 - パソコン
 庭の手入れをしています。
いつもの事ですが、夕暮れに近づき一息入れて休もうとしてふと前を見ると長い人影が出来ています。
その影に若い時の自分と違う影を見たのです。
定年後、元気よく老いを知らないほどに頑張っていました。
然し、影は正直です。
何か人生の遍歴を感じさせられる影の一瞬でした。

そこで、一句

庭先の 長い人影 老いの暮れ

恐らくは、私の後ろ姿にも迫りくる老いの影が見えているのかも知れません。
それが、映画の様に夕暮れに出てきたのでしょうか。
近所の人には、”いつまでも元気ですね”と度々言われてその気になっていたのです。
大きな木に登っての剪定しているのを見れば誰でも思うのかも知れません。
自分では判らない印象でしょう。

返信する
上↑
[14308] 杉香
青木
2017/08/09 15:38 - パソコン
 生せる夏の日の熊野路で、峠の手前の杉林の中を歩きます。
杉林の坂道の下には谷川の水音がします。
日が当たらず少し鬱蒼としています。
周囲には鳥の鳴き声がします。

峠村を手前にして疲れはピークに達そうとしています。
もう一息で水が飲める。
平安の都人はここを越えたのでしょう。

この杉林は冷ややかな風が当たり、「杉香」で癒されます。
今も昔もこんな辛い旅をしてまでも現世の心の汚れを洗い流そうとしているのでしょう。
それはこの杉香のような癒しの効果が旅にあったのでしょう。
その一つがこの「杉香」と「谷川の水音」と「鳥の鳴き声」ではないかと思うのです。

そこで 一句

心安む 杉香の日影 熊野地の

実は、杉の香りにはスギノンと云う芳香成分が含んでいて、「笹音」と共に科学的には心を癒すことが分かっています。
また、杉香の鬱蒼とした環境には「酸素」が多く含んでいて、脳を活性にし冷やす効果があるのでしょう。
だから、「谷川の水音」や「鳥の鳴き声」はその酸素の環境にしかないところです。
参考に私の理屈では、「心の癒し成分」が脳に終われたシナプスを再び繋ぎ、「人間の原始脳」が刺激されるのだと思います。

返信する
上↑
[14307] 神宿る岩
青木
2017/08/04 11:45 - パソコン
 山裾に谷に沿って大岩があるのです。
この大岩は地元の人にはステイタスの様に慕われていたのです。
子供の頃はこの大岩に上って遊び頂上に上って「子供天下」をとったような気分になりました。
ところが最近では苔生す岩になっています。
しかし、年寄りも子供も誰も見向きもしません。
真偽は別として「岩の伝説」も亡くなりました。
そこで、一句

山裾の 苔生す岩に ただ思う

昔から「大岩」は地球の成り立ちから「神」に崇められる対象でした。
この酸化シリコン(石英)の「大理石の大岩」は、周囲の地層から海から陸が突き出た時に残ったと見られる珍しいものなのです。
小さい頃はこの周囲で、小さい水晶の石を見つけては得意になっていました。  
それ故に、「自然神」から古くから崇められていたと考えられます。
ただ、頂上に上ったからと言って得意には成っていなかった気がします。
「道祖神の影響」か”上る事に神に対する意味”があったのでしょう。
今では苔生しています。

人の移り行く様が滲み出ています。

返信する
上↑
[14306] 山香
青木
2017/08/01 11:29 - パソコン
 夏のむせる暑さの中、山の独特の香りが山里にも吹きおろしの風に乗って漂ってきます。
山里に住んでいる者にとっては、あー生きているんだと確認する「癒しの香り」です。

そして、その山瀬の山香に乗って小鳥のさえずりの声も漂ってくるのです。
これは「山香」と一対なのです。
この一対の環境が壊れた時は自然は終わりです。

でも、今日も山瀬と小鳥の鳴き声は心の底に響いてきます。
そして、何か安心するのです。
この「安心」が長い歴史の中で「人の癒し」となっているのでしょうね
意外に小鳥も「小鳥の癒し」になっているのかも知れませんね。

そこで、一句

山香には 小鳥の声も 響く谷

小鳥には、ひよ、小雀、雀、中には季節越えのメジロ、時にはカラスなど、気を向けていると思いがけない小鳥の声が聞こえます。

人や動物の脳に蓄積された「癒し」も減少しているかも知れません。

返信する
上↑
[14305] 生姜
青木
2017/07/29 11:54 - パソコン
 勤めから帰り 疲れた体で門に入ると突然体を癒す香りがして一瞬疲れは吹っ飛びます。
そして、その香りは家の戸口まで私の体に追ってくるのです。
何と言う事でしょう。
その香りがジンジャーの花の香りです。
これではどんな遠くの虫も飛んでくるでしょう。

でも昔からこの生姜の花とは接しているのですがね。
慣れているにせよ何か特別に感じる時があるのです。
この花の香りの強さに勝てる花があるでしょうか。

ところが、本来なら真白い花も負けてはいませんよ。
でも、香りと真っ白な花は一年を通して印象には残らないのです。
実に不思議な香りと花です。
そこで、一句

戸口まで 香り後追う ジンジャーと

庭の水鉢の横に包み込むように根を大きく張って育っています。
生姜の花の軸は芭蕉の様な軸ですから、ほかの木々には絶対に負けません。
木々に隠れてしまうという事はありません。
安心して育てられるのです。剪定も実にやさしく枯れるまで待って後を始末すればよいのです。
根が残っていますから。

「人」もこのようでありたいものですがね

返信する
上↑
[14304] 白芙蓉
福管理人
2017/07/24 11:39 - パソコン
 夏の真っ白な日差しに、虫が密と水分を求めて夏の花に飛び交います。
中でも、大花の芙蓉は虫の目立つ花ですし、日差しを避けることでも充分です。

夏の庭の倒れそうな手入れの中で見ていると、虫がそれこそ入るというよりは”飛び込む”と云った方が適切です。
それも白にめまいがしたかの様に中に入って行くのです。
さすがに直ぐには出てきません。
海水浴か涼んでいるのでしょうか。出てきてもすぐに隣の花に落ち込みます。

そこで 一句

目に光る 虫飛び込む 白芙蓉

やはり暑いときの行動を見ると虫も人と同じなのですね。
ただ、虫は花の美しさを観て俳句の一句が出るほどに愛でているのでしょうかね。
いつも観ていることですが、そんな余裕はないようですよ。

返信する
上↑
[14303] 芙蓉
福管理人
2017/07/13 11:32 - パソコン
 周囲の家の芙蓉の種が風で飛んで増えたのでしょう。
丁度、それが川の縁で水分が豊かであったのでしょう。
自生えの芙蓉が垣根の様に成り、これを近隣の老人が手入をして親しんでいる様です。

何とも云えない例えようのない風景です。

前の家の芙蓉と川の縁の芙蓉のラインが出来て、互いに競っているかのようです。
真白と真赤で華やかな芙蓉の大花もさすがに笑っている様に観えます。
和やかな一瞬です。

そこで一句です。

川縁の 芙蓉の宴に 花笑う

芙蓉は「アオイ科」の花で、同じ科で「むくげ」とそっくりで違うとすればむくげは「葉先」がとんがっています。

「芙蓉」は、一つの花で朝昼夕と色を白系統からピンク系統に少し変化させます。
この様に、変化させる事から「心の変化」と捉えて、俳句などでは「隠意」に使われます。
この「色の変化」が酔った時の顔の様に成ることからも「酔芙蓉」と呼ばれる事もあります。

この様な事も含めて移り行く川のごとしの「世の中」も”この様でありたいなぁ”と思いますね。

返信する
上↑
[14302]
福管理人
2017/07/05 10:49 - パソコン
 老いて庭木を手入していますと、ふと思う事があるのです。
それはどの「庭木」でも起こると云う事では無いのです。
「人」にもよるでしょうが、私に執ってはそれは不思議に「槙」なのです。
この槙は「庭の老垣根」にも成っていて、「一本木の植木」にも成っています。

代々我が家に伝わるこの真っ赤な実がなる「槙」は「我家のシンボル」とも云えるかもしれません。
この「常緑の槙」を毎年手入すると、何故か、必ず「縁」を考えるのです。
恐らくは、この「木の性質」と木の強い何とも言えない「香り」で、私の野生の時の原始脳の中の何かを呼び起こしているのだと思います。

何時もこの甘い実を採って食べた事を思い出します。線香の様な人を癒す様な香りでしょうか。

そこで、一句

槙の木の ながらう緑に 我が手入

昔から、この「槙」は神木として神社や寺に多く植えられています。
そして、大昔「緑」は人の心を癒し集める木として観られ、故に「寄す処」と書いて「よすが」と詠んだとされています。
その事から「緑」(よす)は「縁」に繋がったと説もある位です。
この様に「自然神」の中で奈良期から平安初期までは「緑」を”「よす」”と詠んだ時代があった様です。

恐らくは、私と同じ感覚に陥る人が昔から多かったと云う事かと思います。
だから「神木」にも成っているのでしょう。
今の世の中、誰しもがこのような木と深く関わる事が無く成り、「字」との関りの持つ意味が消え、その起こす「感覚」さえも伝わらなくなりました。

返信する
上↑
[14301] 夏海
福管理人
2017/07/02 11:04 - パソコン
 「海」と云えば人に依って思い出す記憶は違うでしょう。
私の場合は朝から晩まで,海で泳ぎ遊んだ「子供の心」は「海の香り」として覚えているのです。
その[海の香り」には幾つもあってそれを思い出す度にその時の頃を思い出すのです。
「海」に親しまなくなったのは、学問に心だし故郷を離れた事によりそこで途絶えています。
「現世の荒波]に掻き廻され、「行き詰った心」を救ってくれたのは、「夏海」でした。
「地方の海」ではその香りも違いますが、共通する物が脳の中で取り出してくれます。

そこで、一句。

現世の勢 心静める 海の香や

昔から「海」は「母」にたとえられますが、恐らくは「海の香り」は「母の香り」として脳の中で選別して、それを嗅ぐと人は「生まれた時」に戻すのではないでしょうか。
取り分け「男性]には幾つに成っても懐かしいものです。

世の中の荒波に掻き廻されて身動き取れなくなった時には、「海の香り」で息を吹き返す一瞬です。

返信する
上↑
[14300] 涼宵花
福管理人
2017/06/25 09:39 - パソコン
 この梅雨時期から長く咲き始める花と云えば、南国の花とも観える「納禅葛」です。
当に葛の花でその葛は太い軸で出来ていて、木や門等の柱に巻き割り付いて大きな範囲に花を咲かせます。
ですから、この環境が街中ではない為に咲き誇りは観られませんし、何かに会いません。
その葛の太さは20ミリ位にも成ります。
花は単でラッパの様な形で真っ赤な花を咲きます。そして長く一つの花は咲きます。
ですから、10月までも咲くのです。

この花は気候の変化にも強く葛ですので霧とも仲が良いのです。
この花は、その名の通り「納禅葛」で、禅に関わりそうな花感覚の趣を持っています。
人の人生の何物かを物語るかのような花として平安の昔から好まれている花なのです。

別名では、「凌霄花」とも書くこともあります。
俳句などでは、その花の趣から「涼宵花」と書くのですが、そして、中国産ですが、中国では「愛の花」とも云われています。

そこで、一句

山郷で 涼宵花 口説く霧

「涼宵花」は、霧にむせぶ「宵」にて涼める花、、「凌霄花」は「霄」(よい)の空に趣で「凌ぐ花」とも云われています。
「納禅葛」は、禅では納める葛とし、この世は葛の様だ、それを「禅」で納める花として褒め称える花なのです。
葛は街中では、趣が出て来ない花で、矢張りは山郷なのです。
梅雨の宵の「涼宵花」に対して霧が愛を示すかの様に花に巻き割り付いているかの様に私には観えるのです。
そして尚の事、この花のもつ趣が山郷一杯に醸し出してわたしを和ませてくれています。
この趣を写真室に掲載しています。

返信する
上↑
[14295] 紫薇
福管理人
2017/06/18 20:26 - パソコン
 「紫薇」は百日紅の事で、中国では宮廷の花として珍重されていました。
これが日本に伝わり、やはり皇居の人達にはもてはやされていた花です。

日本では一般には「百日紅」と呼称されますが、平安期では「紫薇]と呼称されていたもので、関西の平安文化の影響を受けた地域では、今でも「紫薇(シビ)」とも呼称されています。

そもそも、「薇」とはゼンマイの花の事で、「円熟した 優美」「子孫の守護」「夢」「秘めたる若さ」などがあり、単の花や八重の花があります。
つまり、紫のゼンマイの花としているのです。
つまりは、昔は”ゼンマイ”と云う事に大きな意味が隠されているのですね。

その為か、歌や俳句などでは「紫薇」として使われる事が多いのです。
その「趣」を最も表現できる呼称なのでしょう。
つまり、この様に「紫薇」には隠された多くの意味があると云う事ですね。

俳句には、多くの派があり隠された意味や経緯や訓等を知ることでその句の意味を伝えるという派があります。
高位な環境で詠まれる中では、この傾向が強いのです。
例えば、「宗教界」などは、「禅」と組み合わせた人生訓の俳句などがあり、「人の道]を苦労して会得した者だけがその「趣」を頭の中で察知してその句の意味を読み取り理解するというものもあります。
判らないものに執っては何を言っているのかさっぱりわからないという事に成ります。
さて、そこで一句です。

野辺に和す 紅の座敷か 紫薇の花

野辺にこの「紫薇」の花が咲き誇ります。
その花の光が枯山水の屋敷の静かな書院の座敷に入り、その部屋が紅色に成った様な錯覚に陥ります。
辺りはこの落ち花の色で染まっています。
そして、その様に違和感がないのです。
これは一体何なのであろうか、いつもの事であるのにと老施主は訝ります。

「百日紅」と云わず、別の趣に成るので、「紫薇」と云う花の持つ意味が全てを物語っているのです。
「百日紅」と云う事に成れば、次ぎの様に成るのかな。

野辺の花か 玉砂利に 百日紅

野辺に咲くゼンマイの花(薇)が飛んできてかと思えば、何と屋敷の打ち水の濡れた玉砂利に百日紅の花が落ちていた。
もう百日紅の季節かと思った瞬間であった。

返信する
上↑
[14294] 「すくろ」
福管理人
2017/06/15 11:19 - パソコン
 昔から松の木やその落葉(すくろ)は格好の暖の元に成っていたのです。
松は「松根油」として、「すくろ」は燃やして暖と煙らせて「虫の除去」などにも使われました。
実は食料としても使われました。
煤は「墨」にもなり大変に人の役に立っていたのです。
しかし、「老松」として生きて行くには厳しかったのです。

そこで、一句

老松の すくろの下にも 新芽かな

雨の多く成るこの時期から松の下は大賑わいです。
枯山水の老松は松葉を落として根本を必死に囲い乾燥から弱った松根樹を護ろうとします。

松の下に大変な数の枯れ松葉が落ちます。
然しこれには大変な訳があるのです。
この松葉の事を、通称、”すくろ”と云います。

この「すくろ」(救路)の下には、松は子孫を遺そうとして「松毬(まつかさ)」を落としてこの中にある種から発芽を促すのです。
其れには、その発芽の条件を保つにはこの「すくろ」の下の環境が必要なのです。

松の「すくろ」は、枯山水では「自然の美」として好まれ、築山の人口庭には「すくろ」は美的感覚から「すくろ」は除去されますので「人工の美」としては好まれます。
何れにしても可否は問われませんが、唯一つ、自然に生きようとする老松の「新芽の発芽」は枯山水なのです。
これが「枯山水の極意」でしょう。
つまりは、松の下にも、「二次元の生の世界」が観えているのです。
だから、俳句や禅では「救路」と云う字を当てていたのかも。

返信する
上↑
[14293] 紫陽花
福管理人
2017/06/12 10:30 - パソコン
 紫陽花は土壌の如何で色は何とでも変化します。
白から赤やビンクや紫や藍までそれが面白いのでしょう。

でもこの花の手入れは大変なのです。
この紫陽花にたくさんの花を着けさせるための剪定の方法があって、この基準に従う必要があります。

それでこそ「紫陽花の趣」を出すのです。
「人」もそうですが、「虫」もそれを心待ちにしています。

それは、木全体に満開の様に咲かすには剪定期は咲き終わり後の一週間以内に行う必要があります。
そして、その剪定は「二股一葉」での基準の剪定をしなくては成りません。
其れでなけれは咲きません。

「二股一葉」では殆ど紫陽花の根元から剪定と云う事に成ります。
つまり、花の新芽の枝葉には充分に太陽の光を当ててやらねばならないと云う事です。
「紫陽花」は、平安の時期から和料亭の和食の料理の皿等に使われますが、実はこの紫陽花の葉には毒性を持っていて食べると腹痛を起こします。
だから葉は虫も食べないのです。
だから、剪定の基準に沿った枝葉で料亭では大昔から使われるのです。

でも、花には虫は寄ってきます。
花は酸性からアルカリ性までのPHで色は変わります。
そこで、一句

虫たちも 気に成る色の 紫陽花か

よーく見ていると、赤の色により多く寄ってきます。

何ででしょう。
主に、梅雨期ですので、同じ土地でも土壌は雨量の為に酸性からアルカリ性に変化して行きます。
従って、変化しやすい土地や変化しない土地など地形や土壌でも異なります。
初期は青 後期は赤と云う風に「紫陽花」は七変化でもあるのです。
虫はこの事をよく知っているのです。
酸性葉の木には毒性が強い事から虫は注意します。

はてさて、紫陽花には、”人生の極意が”ですかね。

返信する
上↑
[14292] 名もないラン
福管理人
2017/06/10 12:21 - パソコン
 庭の石定盤の上小鉢に咲くランもあれば、下の様にランもあるのです。
ランには300種類くらいの名もないランがあります。
マニアの中では、この野生のランを全国の野山を歩いて集めている繁殖させている人もいる様で、我家の枯山水の庭には別に集めたものではありませんが、昔から5種類くらいのランが野生で生殖しています。

夏の暑さで、庭には伸びた雑草がムンとして蒸れています。
手入としてはこの雑草を刈り込まなくてはならないのです。
しかし、その低い雑草が風になびいていて、繰り返し揺れる様は当にさざ波の様です。
その中に、わびさびの様に名の解らない野草のランが生きています。
でも、これを観ると、いつも刈り込めないのです。

そこで、何とも言いようのない佇まいを感じて趣を何とか表現しようとしてみました。

草むくれ ささなみ侘びる えぞのラン

このランは葉は細葉ですが、花の軸が7ミリ程度に太く、一直線に50cmほどに何本も上に伸びて、上から約10センチほどで幅が3センチの花の形をしていて、その3センチの花が一つひとつ何百と云う小花で固まり出来ています。
小紫の色をし、一斉に咲くと一段と広がり、これが一株で数本咲きします。
年々親株の株と子の株数は広がりを見せ、雑草の中ではこのランの一家は「親分」と云う感じなのです。
だから、これがこの野生ランの絶対的な生活環境の周囲なので、この周囲の雑草は刈り込む事が出来ないのです。
最近、このラン群の周囲に、何処から種が運ばれて来たのか芙蓉の木が自然に育ってきました。
さて、切るべきか悩んでいました。
そこで考えました。木の袖を裸にして適度の光をランに宛てて伸ばす方法です。成功でした。

草一つでも「生きる理屈」があるのですね。

返信する
上↑
[14291] 自生のラン
福管理人
2017/06/09 12:00 - パソコン
 朝、起きて紫の野生ランにいつもの水をやろうとして、ふと見て立ち止まったのです。
このランは祖父の代から育てていたもので、山懐の谷川の岩の裾に群生していたものを移植して大きく育てたらしいのです。

それだけに父と私と引き継ぎ可愛がっていたランなのです。
何とも云えない愛着があって、ランも犬猫が人に懐く様に、毎年、花を咲かせ私たちに懐いてきます。それが何となくわかるのです。
野生のランは幾つかの条件が合わないと花を咲かせません。

ところが、今日は先に水を貰ったよと言いたげに元気いっぱいの様です。
枯山水の初夏の霧のある日の事でした。

そこで、一句

小紫の 斑しゅんらんに つゆ小鉢

このランの鉢は、墨絵の山水画を形どっていて、山の形をした白の斑入りの石や、山裾を模した谷川をかたちどった石などを配置したところに野生のランが一画に育っています。
仙人が出て来る様な鉢の自然美の雰囲気を醸しているのです。
ですからこの鉢を配置する位置が、畳一畳以上の大青石の定盤の庭石上に置かれていて、動かす事はありません。
既に鉢の周囲は山ノ谷に合わせて苔で覆われて人工性を感じません。

私に余計な事をするなと云う風に、その鉢に霧の露が既にかぶさっているのです。
ランの葉は、細いV字の形をしていて、ここに霧や小雨の滴を貯めて根元に流し込む様に出来ているのです。雨が降らない時は定盤のへこみに水を溜めます。
この様に野生のランは人から世話を受けない様に出来ているのです。
ただ、異常乾燥以外は見守るだけでいいのです。
できたら周りの苔に霧にして見ずをやるのです。

この世も「子育て」と同じですよね。

返信する
上↑
[14290] 自然訓
福管理人
2017/06/06 12:11 - パソコン
 前回の臥竜梅の様に、地這う梅についてはその趣があり、私に執っては「人生訓」と融合していて非常に参考にしている。

そこで、過去に詠んだ句を披露したい。

梅の香で 虫もどこかで 庭仕事

庭仕事 漂うかおりの 竜の梅

人も樹も 慈しみ合い 五十の夏

武田信玄や上杉謙信の様に自然から学んだ訓があるが、筆者も上記の句の様に大いに同意である。


返信する
上↑
[14289] 臥竜梅
福管理人
2017/06/05 11:00 - パソコン
 木にも寿命がある。
楠や松の様に人以上の寿命を持ち歴史を作る。
然し、これには香りなどの趣を長く引き継ぐものは少ない。

ところが、松や楠の様に長くはないが、「香りと趣と実」を結び発するものは少ない。
現役と同じ様に「香りと趣と実」を結ぶものには、歴史も木に遺して姿を変える。

その代表的なものは、「梅」である。

梅は「老梅」と云う言葉がある様にその区切りは凡そ約50年くらいで、収穫量などが極端に低下して現役を引退する。
実はこの性を持つている梅もそこまで「手入れ」をしないとまるでダメな木なのである。
故に歴史を遺す木の性を持つ木なのである。

そこで、一句、

遠い今 地に這う香り 梅の竜

当然に、現役を引退した木は伐採される運命にある。何故なら手がかかるからである。
だからそこからは歴史は遺さない。
でも、歴史のある木に未練を残す人間は、この梅を伐採はするものの何とか木に苦労して腐る木株に子枝を遺す手筈をする。

この小枝が更に50年経っても元が弱い為に苗からの木に比べては花も実もならない。
更に、50年と経つと、何と今度はこの「小枝」が大枝に上に竜の様にねじれて這い上がる様に成って木を支えて、一人前に花をつけ香りを出し、趣は一変して変え実を大量に付けて出す。

ところが、「香り」は空中には向かないで何と地を這うのである。
虫も地を這って蜜をすい受粉する。

これを人は、「臥竜梅」と云う。
まさしく木の様も竜の様である。

枯山水には誇りの木と成る。作って作れるものでは無いのでこれ以上の枯山水は無いだろう。
実は、我家に二本も「臥竜梅」があり、先祖の俳句や画や屋敷の名にも成っている。
育て維持するには苦労はしているが、これは遠い先祖の歴史の証でもある。






返信する
上↑
[14288] エゾの花
福管理人
2017/06/02 11:39 - パソコン
 古道の山の野を見渡すと、薄紫の色が一面に拡がりこの世の光景かと思えるほどの草蒸れです。

何とも可憐でその花の大きさも草の大きさも解らないほどで、殆どは五ミリ程度の小花で覆いかぶさっているのです。

この時期には多くの野草の花が咲き誇りますが、この花は真面に咲いていては虫に辿り付いてもらえません。

そこで、他の野草の花も覆いかぶさるように、又、自分の葉も犠牲にしても「うす紫の花」で群れて生き残ろうとするのです。

そこで、一句

草に群れ むらさき競う エゾの花

だとすれば真っ赤な花にすればと考えるでしょう。
そうすればもっと虫がやって来るのに。
以前にも述べた「むらさきの語源」とも成ったとされるこの花の強さが観えます。

ところが、この花は「薄紫」を選んだのです。
何故なんでしょうかね。

日本元来の「むらさきの花」は「エゾムラサキ」、伝来種は「勿忘草」。
実に酷似していますが、「花の小ぶり」と「群がる仕草」は全く違うのです。
確かに、伝来種は、名前の通り、「忘れ草」の観があるが、未だ遺されているこの人里離れた山里の「エゾムラサキ」も短期間で勝負するので「忘れやすい草」なのでしょうが。

人の無力な者の儚さと強さを奏でて居ます。

返信する
上↑
[14287] 禅庭花
福管理人
2017/05/29 10:32 - パソコン
 甘草が繁殖する屋敷の隅の滝には、この頃もう一つの花が咲く。
これは山の谷川から採集して、ここに植えたものではないかと思います。

その花は、キスゲです。
この花の総称は、「禅庭花」と呼ばれ、全国に分布する花です。
一時は、ニッコウキスゲと呼ばれて愛好家で広まりました。

地方によっても若干違う処があって、再び、地名の着くキスゲに戻りました。

屋敷のキスゲは、恐らくは、祖父の手に依って植えられたもので、それは禅を好む人が我家に入れ替わり立ち代わり家に長い間逗留する事が多く、枯山水の家の名前を「画禅堂」と呼ばれていたそうです。

この「キスゲ」は、座禅の瞑想の禅宗の仏教的要素が強い事があって、この様に「禅庭花」と呼ばれたと考えられます。

滝つぼに座って座禅瞑想する僧には、何か、このキスゲの花に、「座禅瞑想」の極意が花に籠って見えるのだと思います。

そこで、一句

滝つぼの 今年のキスゲ より百合香

「禅庭花」の花を観て、今年は自分も少しは人の道を悟ったのかな不安に成ります。変化の無い生活の反省にキスゲを見習いたいと。
未だ不安に成るのでは悟りはキスゲの様にないのかも知れませんね。

禅僧に執ってみれば、自然の低位にある壺に咲くキスゲには花としての強さと悟りの変化がみられるのでしょうね。


返信する
上↑
[14286] 甘草
福管理人
2017/05/25 12:01 - パソコン
 屋敷の隅の庭の滝の隅に甘草の花が咲いています。
地形を崩さずに作り上げている枯山水なので、実は屋敷の隅には山から流れる滝があるのです。滝の跡が枯山水にした為に今でも2カ所遺されています。

平安の昔からあった様で、万葉集や小野妹子等に詠まれていて、ここにすぐ下の藤白の浜に流れ落ちる水系の流れの様の事が読まれています。
恐らくはこの滝の事を読んだのではと観ています。

この滝の隅にこの太根の甘草が毎年咲きます。
この甘草も昔からのものでは無いでしょうか。
ユリを大きくした花を咲かせ香りは抜群で、周囲に咲いている事が直ぐに判ります。
それだけに周囲ではいろいろな花か百華総覧の様に咲いているのに、滝と融合してひっそりと咲くのがこの花の特徴です。

そこで、一句

忘れ咲き 避ける甘草 滝陰げに

漢方薬に成るのですが、甘草には色々な種類があります。
この甘草は育ててるわけではありません。
滝の岩石の隙間にものすごい根を張っているのです。

ひっそりと咲く事等を考えると、甘草自身が恥じらって避けているかも知れません。以心伝心で従ってこちらも忘れている事が多いのです。
ですが、咲くと突然、他の花など跳ね除けるかの様にその存在を強く知らしめるのです。

人の世も 何もしないで強く育った者の方が味わいのある花を咲かせる人間に育ちますよね

返信する
上↑
[14285] 沈丁花
福管理人
2017/05/21 10:28 - パソコン
 世には香り、綺麗さ、音、色、形 等で人間や生き物にその存在を知らしめる方法が沢山あります。

人だけで云えば、五感に訴える事に成るでしょう。

その中でも、沈丁花の香りはダントツです。
ところが、普通であれば、これに伴って虫や小鳥なども多く集まって来るものです。
この沈丁花に関しては虫程度がこっそりと寄って来るていどで周囲の花に負けて余り来ないのが普通です。

とすれば花の形や色は今一つと成れば、後は香りなのですが、自然の摂理であれば、何の為にこの極めて強い香りを出すのでしょうか。

人の為に咲いている訳ではないのに、最も多くの花の咲く時期に何とかその存在を遠くまで知らしめるために極めて強い香りを出しているかもしれません。
これ程遠くまで届く香りは大木に成る木犀くらいでしょう。

大木にも成らない沈丁花がいじらしく感じられます。
そこで、一句

花くらべ 居どこ教える 沈丁花

家には、沈丁花ばかりの花壇があって、香りでは確実に他の花の香を打ち消しています。

この花は剪定が難しく、剪定時期と剪定箇所を間違えると余り満開に成る程の花芽は付きません、香りも強く出ません。

更には、菌に弱いのです。ですから毎年、挿し木をして次の木の準備をしてやります。
恐らくは、沈丁花も沈丁花なりにこの事を知っているのかもしれませんね。

人の世も同じ気がして意地らしく手入れは怠りません。
花にも当に生きる為に苦労している様子が剪定しているとよくわかります。

返信する
上↑
[14284]
福管理人
2017/05/18 11:20 - パソコン
 子供の頃、よく遊んだ神社の古木で、新枝の出る頃に枝に縄を結び付けて神主さんに危険だからと云って叱られながらよく遊んだものだ。

この遊びはこの近所の子供の遊びのステイタスでもあった。
「遊び」と云っても360度回転する様なサーカスに似た怖さ知らずの遊びで、木も大きいし、この程度の「遊び」が出来なければ、仲間に入れてくれない。

何故ならば、いざと云う時には逃げなくてはならないからだ。
それには俊敏性が必要でその俊敏性を競い合うと云う事もあった。
それで子供のグループの中での主導権が決まる。

そもそも当時は、「ブランコの縄」を自分で編むところから出来なくてはならないからだ。
リーダーがそれが出来なくてはこの遊びは成り立たない。

そこで、一句

大楠の ブランコの枝は 今は幹

この超古木の楠木は太さなどでは表現できないくらいで、平安初期からの古木である。
平安の姿をした人々が此処で泊まり休んだりした。

古木をよく見ると、昔、平安期から子供も同じ様な遊び事をして遊んだと観られる傷跡が観られる。

この熊野古道の史跡は、何も「歴史の史跡」だけではなく、「子供の遊びの史跡」でもあるのだ。
古いと云う事だけではなく、「人間の生き様」を遺した古木でもある。
歴史を紐解けば、この古木の前付近で、現実に主導権争いで殺戮があった。

もっと云えば、民主主義の世界と云えども、突き詰めれば「理想」では無く、「人の世界」も同じ様な「主導権争い」で決まる。
未だ変わることなく「無常の世」でもある。


返信する
上↑
[14283] アマリリス
福管理人
2017/05/15 10:34 - パソコン
 毎朝の事ですが、朝に庭に出ると庭石の横に植えたアマリリス群が咲いています。
この花は時計の様に、日差しに向かって花向きを変えます。
ですから、この花の良いとこばかりを観る事が出来ないのです。
後ろ向き花姿も鑑賞しなくては成りません。

そして、それはどんなに曇っていてもわずかな光を捉えて同じ事を繰り返すのです。

何かその花の特徴に教えられる事の方が強くあって、花の美しさや趣よりもこの特徴に不思議に魅かれるのです。

枯山水の一つの具材で、自然の中に溶け込まして人生観を表現するものではないでしょうか。
若い時は判りませんでしたが、故に親もこの花を各所に植えていたのだと思います。

そこで、一句

今朝もまた 日差しに向かう アマリリス

アマリリスが咲くころに成ると、この花の事が気にかかる様に成ります。
そして、何となく独特の「安心感」を人に与えられるのです。

花葉は人に多くの感情を与えますが、安心感と云う点ではこの花が断トツです。
アマリリスの大きさや色合いや花の形や軸の太さや何をとっても安心感です。

返信する
上↑
[14280]
福管理人
2017/05/12 11:29 - パソコン
 梅の時期は花と実の時期で鑑賞季は違います。

2月に花 6月に実となり、夫々に見ごたえのある趣です。
梅の花はその趣の良さから古来より多く読まれてきました。
然し、実も花には負けてはいません。

実は、殆どは「青梅」で色や香りとしての目立つ趣は持ってませんし、花の前後に「手入れ」をしないと見る影もないくらいに趣は無く成ります。

然し、ところが「南高梅」と云う梅は、桃との交配から生み出した梅で、梅も桃の実と同じ様に桃色の色をつけ、何とも言えない郷愁にかられる趣を醸し出すのです。

色だけではありません。
香りも桃と同じ様に芳香族の甘い香りを強く出すのです。

小さい頃はわらのかごを自分で編んで、それにこの梅を入れて子供の頃にそれぞれ遊んだものです。

中でも、この梅桃科に属した梅で、古来より生け花や俳句に詠まれ用いられていた「ゆすら梅」と云う梅のもあって、この「南高梅」よりも小ぶりで花と実によく似て両方の趣を持っています。

そこで、一句

わらかごに 幼心の ゆすら梅

「南高梅」には木の手入れでは「裾刈り」と云って、根の周りの土の地を見せずに草を常に短く刈るか、苔を植え付けます。

その為に、綺麗な実も熟して真っ赤に成って落花しても実として使えるのです。
其の侭に食べる事も出来ます。

最も香りの強い熟した実は梅酒に、落花前の実は梅干しに、その中間は梅ジュースにします。

この「南高梅」の下でや、「ゆすら梅」の思い出は、色と香りと趣とに包まれた子供の頃の遊びの思い出が出てきます。

返信する
上↑
[14279] 南天
福管理人
2017/05/09 10:04 - パソコン
 南天の樹は、取り立てて目立つ季の樹ではりません。
でも庭には必ず植えられているものです。
そして、俳画や日本画の添図書きには目立たぬようにあるものです。
何故なのでしょうか。

それは、目立たぬも鳥や虫がこの南天の樹に寄って来るからで、人の感覚の中に絵としては、花鳥風月の趣がそそと持っていて、それが日本人の心を打つのだと思います。

枯山水には無くてはならない木です。
それは、冬の雪の景色にも、夏の日射しにも、そして、春の長閑な景色名も、花鳥風月の趣を消さないからでしょう。

そこで、一句

南天の 紅に拘り 葉も春に

南天の樹を一つで色紙に描ける樹は他に少ないですよね。
南天の樹は日本人の美意識の象徴と観ています。
その意味で年間0通じて紅で統一した春の葉の紅の色は目立ちます。
私はどちらかと云うと、春のこれぞばかりに咲く赤い花が咲き乱れる中で、この南天の春の紅葉(赤葉)は柔らかみがあって好きなのです。

「人」にも拘りのある様に、これを「樹」が持つ「拘り」と観ています。



返信する
上↑
[14278] 綾目
福管理人
2017/05/04 11:39 - パソコン
 五月に似合うのは綾目草、杜若、花菖蒲ですね。

昔は、井戸の生活をしていました。
そして、この井戸の周囲には砂利を敷き、そこに、綾目等の花を必ず植えていました。

これには、それなりの理屈があつて、水回りの周囲は湿くことで不衛生に成る等の事があって植えていた事もあるのですが、別には、この水系の好む三品を庭に植えるには井戸などの水回り(湿地 花菖蒲)が必要なのでなかなか面倒な花なのです。


「綾目」はその名の通り花に「綾模様」があるからなのですが、取り分け江戸時代には「伊勢花三品」と呼ばれ、「菖蒲、蜀、撫子」が挙げられ名物であったもので、これが広まり中でも伊勢は元より肥後や江戸の名物にも成ったものでもあります。

花のマニアでは、この「綾模様」で価値が決まると云われていて、「花菖蒲」から「綾目」と呼ばれる様に成ったとも云われています。

毎年、手入れをしますが、そこで一句

井戸端の 綾目で競う 伊勢の花

この「綾目」は「文目」とも書いて、「素地」を楽しむ花とも云われます。

基本的には、科属が同じであるのですが。花菖蒲は6月の梅雨に、綾目は5月にとされています。
花ビラの見分けでは、「花ビラの根元」に、あやめは、綾模様が縞状に強く出ます。
花菖蒲は、黄色の模様の綾の縞模様が、杜若は、白の綾の縞模様が出ます。
花弁の模様は全て同じです。

昔は井戸端で食器等を洗いましたので、この三品には毒性があるので、水回りには必要なのです。
それ故に人は、この花を縁側から愛でて枯山水を競い合って楽しんだり、又、この「井戸端」に集まり「話の花」を咲かせ競いました。

返信する
上↑
[14277] 牡丹
福管理人
2017/05/03 07:59 - パソコン
 牡丹は枯山水には最も似合う花と樹と云われています。
花も然ることながら樹姿も好まれ多くの俳句が読まれています。
樹姿から醸し出す趣が他の木とは違って持っているのだと云う事ですね。

牡丹の花の大きさや色からも他を威圧するものを持っています。
ところが、この牡丹も弱いものが有るのです。
それは雨です。雨によって花は雨の重さで廃れた様に成り真紅の花も陰りを見せます。

あの色は晴れていて映える色と観えます。

庭の手入れには特に気を使いますが、筆者はその牡丹の樹の手入れの苦労も込めての俳句に成る様です。
そこで、一句


万物も 溶かす牡丹に 憂雨の紅

これが、手入れの苦労も読み込んだ一句です。

”牡丹”と云う名を聞くと、独特の香りが脳に覚えていて出て来るようです。
そして、その香りを嗅ぐと脳の中の濁りの香りが消える様です。

そこで、それだけに牡丹は余りに主張する庭のど真ん中には植えません。
水分が適当に在りながらあり過ぎないところが良く、白い「は虫」の発生が激しいのです。

その為に花は華やかなのに植えている場所は植木などの影目の所です。
中には竹垣や藁屋根で囲う事もします。

然し、面倒でもこの花があるかないかで枯山水の評価は変わります。

世の中にもこのような事がありますよね。


返信する
上↑
[14276] かたばみ草
福管理人
2017/04/29 10:41 - パソコン
 散歩路の路の袖に野酢の花が咲いていました。
この花の呼称には沢山あって地方でも呼び名が違う様です。

かたばみ草、すいしょう花、・・などと呼ばれます。

方言では、この言葉を下に多くの呼称が在ります、
昔は、田んぼの道端に一面に咲いていたものです。
最近では改良されて園芸用に成っている様です。
その花は濃い紫の色をしています。
この花を摘んで、蔓の様にして首飾の様にしていたようです。

大変色合いと云いは花の形といい酸味のある思い出に残る草花です。

それが、未だ残っていました。
そこで、一句


むらさきに 片脚留める 野酢の花

「家紋」にも用いられている花ですが、「人の幼心」に深く残っているのですね。



返信する
上↑
[14275] 紅古竹
福管理人
2017/04/28 10:06 - パソコン
 実は、竹は青いものと思っている人が多いのではないでしょうか。

そうでは無いのです。
竹は五年以上経つと色が次第に変化して行くものなのです。

最後には、15年以上くらいたつと本当に紅色に成ります。
そして、50年経つと花を咲いて枯れます。
竹藪は、1M間隔で間引きをして一定に保つ必要があります。
この為に、古い竹は伐採されるのです。
故に、紅色までの竹は観る事が無いのです。

竹を使った細工物の場合は、むしろこの古竹が良いのです。
竹藪にこの紅古竹などが観えない場合は、筍の採掘藪です。

そこで、一句

藪暦 生きる姿の 紅古竹

庭には白竹と云って食用に開発された太竹で、白の筍を栽培しています。

この白筍を採らないで細工物に遺して置くと紅古竹に成るのです。

10年ひと昔と云いますが、20年物などの竹を観ると、自分の人生と重ね合わせて、その竹を愛おしく成ります。

周囲の竹に模範の様な形で立っています。

竹藪には、余り知られていませんが「藪暦」と云って年ごとの年暦が遺されるものなのです。

最近では、枯山水にも周囲の目を気にして使われなくなりましたが、私の家には未だ、竹藪は二か所あります。
「笹摺り」等があって人間には好まれたのですがね。

返信する
上↑
[14274] つづじ
福管理人
2017/04/25 12:12 - パソコン
 「如月」に咲くころに成ると、虫が飛び交います。
ミツバチ等が花の中に入って羽音を立てて蜜を吸うのですが、この「羽音」が他の花との競争を花同士がしている様に聞こえます。

取り分け、トカラ列島が原産地とするこのつつじの仲間は花も大きく、芳香の香りが強いし、模様が多様できれいです。

当然に虫は寄って来るのですが、春は桜などの強敵の他の花も多く多様であり、「トカラの花」だけとはいかないのです。野花も咲き誇る中です。

その為に子孫を遺す為にも、この生存競争に花も勝たねばならないのです。

朝の静かな時期には庭仕事で外に出ると、もうすでにこの「争花の争い」は起こっています。

「つつじの手入れ」も、この花の咲いた時期にしなくてはならない事があります。
それは、間延びした「成長枝」と云う枝を今の内に切り落として置くと、来年は、庭木としての間延びの無い丸い整った樹姿が出来て、「成長枝」から細かい枝が出て花数の多いつつじが咲きます。

この時いつもこの作業を念入りにしてやると、花数が多い丸い木姿に虫が寄って来る可能性が高まるのです。

去年はこの作業をよく念入りにした為に今年は、葉が見えないくらいに花数が多くみごとな満開です。

その満足感で、このつつじも桜などに負けてはいません。
田舎故か周囲には老木のさくらの木は三本もあるのです。
幸い桜の木は、根回りは別として、枝には手入れが余りしなくても良い木なのです。

”桜の手入れするバカ 梅に手入れせねバカ” と云う「植木の心得」があります。
それ故に、土の地固めにも利用され、昔から周囲や庭に桜の木は植えられているのです。

そこで、一句

きさらぎの 羽音で競う とから花

「如月」には、多くの語源があり、それ故に俳句では季語に拘らずに多くの意味で使われます。

原則は仲春ですが、 衣更着、気更来、着更着、息更来、他には、生更木、梅見月、初花月、雪解月、小草生月、梅五月等の趣の表現に使われるのです。
これでは、季語の意味がありません。

つまりは、この時期の樹は、何事も、手いれ次第、考え次第と云います。

樹に限らず「人の世の事」も同じです。自然の摂理を感じる一瞬でした。

返信する
上↑
[14273] 笹摺り
福管理人
2017/04/22 11:21 - パソコン
 春に吹く風を”あなじ”と云いますが、この”あなじ”を漢字で書くと乾燥した風として、「乾風」と書きます。

この乾燥した事で色々な風情が春ならではの事で起こるのです。

それは、竹の笹が風になびいて擦り合う事で起こる「笹なり」と云う言葉があります。

この「笹なり」は、「人間のこころ」を癒し休めるものとして古来より好まれてきました。
これは「風情から来る事」だけではなく、科学的にも証明されている事なのです。
「人間の脳の本質」に持っている「遺伝的現象」であるらしいのです。
その脳は、「左脳の記憶」からではなく、「原始脳からの記憶」である事からも解っています。

これとよく似たもので、「杉のかおり」があります。
これも原始脳にインプットされた「癒し効果」です。
科学的には、「スギノン」と云う「香り成分」を発している事が判っています。
これ等が原始脳と反応して、一つは「音」、一つは「香り」「癒し効果」を人間に与えているのです。

取り分け、この頃の「乾燥期の笹摺り」は、他の音を押えて大きく聞こえてきます。
「春の風物詩」として「悠久の癒しの歴史」を引き継いできました。

「枯山水」には、必ずこの「竹垣と杉垣根」として植えられているのはこの事からも来ています。
「枯山水」が、耳と鼻と目の五感を刺激する「癒し効果」があるのは、単なる景色からだけでは無いのです。
「音や香りの相乗効果」にもあるのです。

そこで、一句

春風の こころ休まる 笹摺りや


笹摺りに 老人二人 立ち止まる

笹摺りを 静かに聞き入る 老二人

森簡に 融けるしずけさ 笹摺りや

我家の枯山水は、この「音と香り」の「竹垣と杉垣根」があります。
「白竹の竹藪」は二か所もあります。

勿論、目は全てを賄いますが、果物からの口も手触りも補うのです。


返信する
上↑
[14272] むらさき草
福管理人
2017/04/19 15:25 - パソコン
 毎年、この時期に成ると「熊野古道の峠」に上ります。

今は世界遺産に成りましたので、家の前の古道は祭りの様な山登りの人でにぎわう様に成りました。

此処から一キロ程度行くと熊野神社の第一の鳥居があった処で、現在でも大きな神社があります。
歴史は千年にも成る神社です。

然し環境は様変わりしました。
昔の環境の面影はありません。

然し、370Mの峠に上ると未だ千年の原風景が遺っています。
小さい頃に見たあの景色が未だ見られたのです。

この峠には、人里離れてまだ10軒程度の家があり、その周囲にはくぼみの様な形をした田んぼ道が見えています。

その田んぼ道の畔の草むらには「むらさき草」が隙間なく一面に広がっています。
その「むらさき草」の咲いた峠の少し高台から観ると、そこには春風が吹き、「薄むらさきの筋」が「一文字」の様に歩く方向に向かって伸びているのです。

何とも言えない郷愁にかられました。
そこで 一句

古峠の むらさき草が 一文字

5ミリ程度の「むらさき草」は和生の草ですが、極めてよく似た可憐な5ミリ程度の花で室町期に入って来た「勿忘草」と云う草があります。

そもそも「和生のむらさき草」は「紫」と云う語源の基に成った草で、その草が群って咲いている事から、「群がる」から「紫」と云う言葉が生まれ、色の美しさからも名づけられました。

又、奈良期からこの「草汁」を使って染めた事もあって呼ばれた事にも成っているのです。
そして、この「紫」が最も「高貴な色」としても使われ、仏教でも「紫の袈裟」と云われて、「最高級の僧侶」が着る「袈裟の色」とも成っています。

それほどに、この「むらさき草の原風景」がきれいであった事を意味しています。

万葉集にも、この熊野神社の一番神社の付近(藤白)で詠まれた歌が幾つもあります。

その一つを紹介します。

むらさきの名高の浦の真砂土袖のみ触れて寝ずかなりなむ

この「むらさきの風景」が如何にきれいで、人にやすらぎと穏やかな情感を与える草花であったかが判ります。

返信する
上↑
[14271] 椿とくもの糸
福管理人
2017/04/05 09:50 - パソコン
 朝、早くに庭に出ると昨日の雨のせいか薄い霧が立ち込めていました。
丁度、朝日が差し込んで来る時間でした。
さっき東の方を見た時は薄霧に包まれていたのに、谷間のせいか、光が差し込んできました。
ふとみると、椿の花も一休みにして、今は、この光景を楽しめと云わんばかりに、椿に絡むくもの糸に水滴がつき、それに朝日が当たってダイヤモンドの様にキラキラと光っているのです。

自然が織りなす美の光景です。
周囲の生活音も耳に入らず、何か「自然の音」も「音楽」の様に聞こえて来る様な心持に成っている自分がいました。
当に、これが「枯山水の極み」でしょう。

そこで、一句


朝露や 椿に光る くもの糸


造った庭にはこの様な光景は無いでしょう。
流石、これは先祖の先賢として「子孫に教える情操」でしよう。

何とか、「先祖の教え」を多くくみ取ろうとして日々努力です。

私には「人の世」を「豊かに生きる術」を教えている大切な「枯山水の庭」です。
これを「人の世」では「吉美」と云うのでしょうか。

返信する
上↑
[14270] 斑入り椿
福管理人
2017/04/02 11:24 - パソコン
 熊野路の山間に霧が出ています。
霧に包まれた我家の庭には、斑入りの白に赤の少ない椿が咲いていました。

薄霧に周囲が覆い隠されたのか、融合したのか、言いようのない取り分け大変に気品に満ちた椿である様に感じたのです。

その気品さを何とか強く感じ取ろうとしたのか自然に椿の花に近寄り嗅ごうとした自分がいたのです。

「気品」が「香り」で感じ取れる訳でもないのに。手で触ったりして感じ取ろうとしている自分がいます。

そこで、一句


霧谷の 斑入り椿の 気品かぐ


椿と云うのは、自然の環境に順応して、その趣を素直に換える要素を持っているのです。

それは椿の種類によっても醸しだす雰囲気は異なりますし、時間や時期などに依っても異なります。

この椿は、私が開発した「自慢の椿」で、一本の木から真っ赤な椿、薄赤の椿、真っ白な椿、斑入りの椿、斑入りの出方も違う椿などが出る椿なのです。

なかなか植える位置にも左右される椿で、水気が常にあり日が良く当たる場所で根地がふくよかな処でなくては育ちません。

谷霧が出る様な所にあっているのです。





返信する
上↑
[14269] 入学
福管理人
2017/03/29 10:01 - パソコン
 入学式の時期に成りました。
何時もこの時期に成ると思い出すのです。
子供の時、孫の時、何度も経験していた事です。

着飾った母親と子供が、校門の所に向かい立ち止まって空を見上げます。
これからこの校門を通って成長して行きます。
親も一つの区切りの時期を迎えて感慨に空を見上げたのでしょう。

何度も桜と共にここに来たこともあってか、校門の所にある「老木の桜」も祝っている様に観えたのです。

何とも云えない懐かしい気持ちに成りました。
そこで、一句です。

校門に 向かう親子に 花祝う

何度もの事であるので、この時の気持ちをその都度に俳句にして残していました。

子供の時に詠んだ一句です。

校門の 椿も微笑む 親子かな

校門の 親子に見せる 空の青

そして、孫の時の一句でした。

この小学校は大変古い歴史のある学校で筆者も卒業生です。
校門は全く変わっていません。

大理石の敷石を敷き詰めた立派な校門の左右には、桜や椿やつつじなどが一段高いところの左右の築山に植えられていていずれも老木です。

手入れが行き届いていて、筆者の頃と変わっていません。
それを手入れしているのは、親子四代の植木屋さんです。
今も学校の近所に住む老いた植木屋さんの同級生がボランティヤで常に見廻って「手入れ」しています。

この感覚が筆者の脳裏にあるのでしょう。





返信する
上↑
[14268] ひよともちの木
福管理人
2017/03/27 15:32 - パソコン
 山里の庭には、思いもよらない事が起こります。

庭には三季に渡り住み着いたヒヨドリがわがやには居るのです。
ヒヨドリは渡り鳥ですが、渡らなく成って住みよい地に居つく事があるのです。

住み着いている木も知っているのですが、もちの木は、赤い実を着けて彼等には最高の餌と成るのです。

住み着くには「餌と気温の確保」が必要です。
このもちの木は大変大きく成り、5ミリ程度の実を着けます。
これをヒヨドリは「自分の力」で懸命に護っているのです。
当然に、カラスもこの餌を狙います。
そこで、「激しい戦い」が起ります。
庭に居つく限りは、ヒヨドリはこの「熾烈な戦い」に勝たねば成りません。

我家の空では、カラスとヒヨドリの「空中戦」をよく見ます。
そして、勝ったのです。

そこで、一句

もちの木で ひよどり騒ぐ 我が庭か

自然が織りなす光景です。

我が庭だけではなく「人の歴史」もこれの「繰り返し」を起しています。

古来より、もちの木は、実は「もちの木」から樹液を採って水分を除き石灰を入れると「茶色の樹液」からから白いねばねばした「古来の接着剤」が出来るのです。

大変に重要な木であったのです。
ですから、「農民」は「接着剤作り」で副業として「生活の糧」にする為に必ず家の庭に植えていました。

「庭木」としても「きれいな木肌」をし、「気姿と木質」が良く、「庭木」には使われました。
この点も「人の世の運命」とは変わりませんね。

ですから、この「もちの木」と「ヒヨドリの戦い」は、互いに「悠久の歴史」を持っているのです。
そして、この木は長くよく似た「人の世」も観てきました。

返信する
上↑
[14267] 大城冠椿
福管理人
2017/03/23 12:21 - パソコン
 我家には、椿では最大の大きさの花があります。
この花には、ある歴史があって、御三家の名古屋城の城主が椿が大変好きで、出入りの植木屋さんと新種を開発していました。

そして、大変な努力の結果、遂には大椿で真紅と云うよりは黒味のある八重の椿を作り出したのです。

これを「門外不出」として城内で育てていました。

ところが、いつの間にか外に出て仕舞って広がりました。
そんな事もあって大変珍しい椿なのです。

中にはマニアが作ったと思われますが、「白の斑入りの大城冠」が観られます。
我家の大城冠はこの二つがあります。
近寄り難い程の可成りの「古木」なので、恐らくは、「斑入り」は家で作り出したのだと思います。
その元は、推測ですが、尾張の御三家から紀州家を通じて拝領したしたものかなと思います。

この「ひまわり」の様な「大城冠」は、大き過ぎて満開に成ると日差しも届かぬくらいです。
そして、大変、「威圧的」で、「迫力」があり、鳥や虫があまり「蜜」を吸いに来ません。
それは、我家では庭に住み着いた「鵯」のみが占領するからでしょう。
他所からの小鳥や鵯は来ません。


鳴く鳥も 日差しも届かぬ 大城冠

それだけに、「接ぎ木」では無く、「挿し木」や「種」では広がり難い椿でもあるのです。

椿の手入れの基本は新芽の枝には三本の指の様に出ますが、必ずこの「三枝」をどの様に処理するかで決まります。
従って、この三枝の真ん中の枝を剪定すれば花芽が付きます。
そして、真ん中の枝の「成長枝」を遺せば木は強く大きく成り花は咲きません。
この原理に従っています。
取り分け、この原理であると「大城冠」は無理に作り上げての椿である事が判ります。

この世の事も、何事もこの「大城冠椿」の様に象徴しているかなと思います。
その状況を花に託して詠みました。

無理に良いものを創ってもそれには脆さも潜むのでしょう。


写真館にありますので、観てください。

花が大きいので、木もなかなか手入れが難しいのです。

返信する
上↑
[14266] 山桜
福管理人
2017/03/21 16:48 - パソコン
 いつも観ている筈の山なのですが、今日、観ると何時もの様にいつもの所にいつもの山桜が咲いているのです。

昨日、観た時は、確か咲いていなかった筈なのに、不思議な気持ちに成りました。

桜は、取り分け、山桜は突然に開花する癖があるのです。
実は山桜には、そめい吉野桜と違って,多くの特徴があるのです。
葉と花が同時に開くのです。
そして、同じ山桜でも木に依って色々と色が違うのです。
咲き方も違い、ばらばらと咲く木や一斉に咲く木もあります。
つまり、個性的なのです。

吉野山の峰伝いに拡がる熊野の路の山も山一面は山桜で、この山桜の子孫だと思います。

この何時もの「山桜」を皮切りに「親」に従う様に一度に山は山桜に成ります。
この峰の山桜の木を観ていると季節の変化が判るのです。


ふと観ると もう咲く峰に 山桜

樹齢も150年以上はするらしく、近所の人も含めて、何か「地域の安心感」を与えてくれる「生活の標準木」の様な木なのです。

「平凡な喜び」を感じた一瞬です。

「山桜」の様に、突き詰めると「人の世」も同じですよね。

返信する
上↑
[14265] 挿し木椿
福管理人
2017/03/18 10:02 - パソコン
 椿には沢山の種類があります。

命名されているので、200位以上はあると思います。
ところが、この椿には、接ぎ木、挿し木、種木、等の方法で、自分の好きな花を作り出すマニアが大勢います。

その中の一人として、毎年、新種を作ろうと頑張ります。
新種の思う花をつけるまでには時間が何年とかかるのです。

その時の喜びは大変なもので、やって見ないと解りません。

私は、真っ白な藪椿を造りたいとして挑戦してきました。

何とか、思う椿がやっと出来ました。
その椿が、「白山椿」と云う椿によく似ている椿です。

藪椿系は下向きの大花を付けます。
ところが、私の白山椿系の藪椿は上を向いて咲きます。

太陽に向かって朝に咲くのです。

そこで、一句

挿し枝の 白山椿 日と競う

名前の未だ無いこの椿の花の真っ白な勢いがなんとも可憐で、太陽に立ち向かうかのような凛としたところが気に入っています。

挿し木で初めて咲いた花です。
処女花です。

子供の成長過程で、ハイハイから立ち上がった時の喜びと似ているのです。

写真館に掲載しています。


返信する
上↑
[14264] 青石と水仙
福管理人
2017/03/03 10:38 - パソコン
 青石は庭石としてよく使われます。

この石は石灰質が強く、粉にするとセメントにも成る石で、温度、湿度、雨、等に依って「七変化する石」と云われていて、庭石としては高級で、枯山水によく使われます。
この青石も、畳二畳もある平石から見上げる様な大石としてもあります。

環境に良く溶け込む石です。
七変化で趣を大きく替えますので見ていても楽しい石なのです。
石に楽しみが出る石は他には余りありませんよね。

山地は熊野古道の紀州です。

そこで、一句

青石に 溶ける水仙に 朝日かな

朝のしっとりした湿気が青石の庭石に色合いを水仙に合わせているのです。
水仙の色合いが青石に融合して水仙が吸い込まれて一体と成っているのです。
其処に、弱い朝日が当たっているのです。

表現が実に難しいのですが、肩の力を抜いて素直に俳句にして見ました。

この時の様子を写真館に投稿しています。

水仙の香りまでが引き立てています。 

返信する
上↑
[14263] 水仙
福管理人
2017/03/01 10:37 - パソコン
 朝の10時頃にいつもの様に庭に出ます。
今日は大変に天気が良く、少し霧がかっています。

水仙が咲き始め、静かな庭には澱みも無く嗅ぐわかしい香りが立ち込めています。

この水仙の存在を誇張する事無く、自然に溶け込んで一つの様に成っている雰囲気なのです。

山郷の谷間の裾に佇み溶け込んだ「古家の庭」です。

先祖から受け継いだ「古家の存在」がそもそも自然に溶け込んでいるのです。

谷間の音さえも聞こえる山裾全体に組み込まれた「庭の枯山水」なのです。

その時、水仙が咲いたのです。
頭もすっきりとしていて浮かんだ一句です。

朝の日に 溶け入る水仙 庭山水


何とか維持していますが、中々、熊野古道と云えどもこのような環境は無く成りました。
平安期には、多く歌を詠まれた地域である事が良く判ります。

昔は、これが当たり前であったのでしょう。

これでは、「人」は変わりますよね。何所まで変わるのでしょうか。

返信する
上↑
[14262] 目白
福管理人
2017/02/25 12:04 - パソコン
 筆者も、お茶を飲んでゆっくりと”よいしょ”と全身に力を込めて「家の朝の庭仕事」に出ます。

そうすると、「庭の小鉢」の方に、「目白のさえずり」が聞こえてきました。

この「庭の小鉢」は、取り分け「生活の道具」では無く、「枯山水」の「庭の趣」を出す様にと置いていて、その周りには、湿気を必要とする花菖蒲などが植えられて群生しているのです。
この「小鉢の水」は、「雨水」がたまったもので、この「雨水」を小鳥などが飲みに来る様にしたものなのです。
そこで観た趣のある景色です。


日溜りの 小鉢に撮る 目白かな


この小鉢に「朝の日」が木樹をすり抜けて当たっています。

其処に先ず、この庭を先取した「目白の家族の集団」が、毎日の定期的な習慣として「小鉢の水」を飲みに来ているのです。

先ず、若手のメジロが小鉢の縁に降りて辺りを警戒して後に落ち着いて水を飲むのです。
この時、全く警戒心を無くした「目白の影姿」が「水面」に撮っているのが見えています。

何とも云えない「朝の静けさ」とその「平和さ」を感じた一瞬でした。

目白は順番に隣の木から入れ替わり降り来て飲むのです。
終わると、その家族の一団は何所かえ飛び去ります。

入れ替わり、「他の小鳥」が来るのですが、何か「時間の順番」が決まっている様です。
中には、昼前には「猫やカラス」なども来ています。

これも「自然の摂理」なのでしょう。

返信する
上↑
[14261] 実椿
福管理人
2017/02/22 12:06 - パソコン
 毎日の寒空の中の散歩路です。

先日まで、「長い垣根の椿」が花をこれぞばかりに咲かしていました。
それを観るのが楽しみに散歩をしていました。
ところが、「花」が終えて今度は「実」がなる「椿」に変わりました。

観方に依れば、「花椿」も善、「実椿」も善です。

初老の感覚は、柔軟です。

庭仕事が毎日の趣味の私には、これも「楽しみ」になるのです。

生垣の みのる椿と 散歩かな

実や接ぎ木や挿し木で「新しい椿」を作るのが趣味で、長い時間をかけて出来上がる時の喜びは、何物にも代えがたいものなのです。

ですから、散歩道の椿にも愛着が生まれます。
散歩道の椿にも、交配で突然変異の椿が出る事もあるのです。

「実椿」は花椿と同じなのです。

「人生の苦労」も同じではありませんか。



返信する
上↑
[14260] 蝋梅
福管理人
2017/02/19 10:54 - パソコン
 梅の香ぐわかしい香りが漂う時期と成る前に、梅によく似た花が咲きます。
中国産で、蝋の透き通る色合いの黄色の透明な花が日差しに照らされて咲きます。

「唐梅」とも云われます。
実に真っ青な空に良く似合う花です。
その意味からも、「唐」を真似て「空梅」としても使われる事もあります。

一見すると、黄色の梅かと思える木です。

この花は、1月から2月に掛けて咲きますが、梅の少し前に咲く花です。
その意味でも、梅で感ずる春を知らしてくれる花として親しまれています。

そこで、一句

  早梅か そよ風香ぐれば 蝋梅や

あっ もう梅が咲いている 春だなと思いきや 漂って来る香りが違います。
よく見ると、蝋梅であったかと気が付きます。
そして、真っ青な青空に映えるその黄色の色に見とれる瞬間です。

写真館に投稿しています。

返信する
上↑
[14259] フリージャー
福管理人
2017/02/16 10:36 - パソコン
 毎年、私の庭では水仙が咲くころに競ってフリージャーが咲きそろいます。

薫風の頃の出来事です。

当に”出来事”なのです。水仙の香りが庭中に漂います。
その水仙の量は、毎年増え続けるだけでは無く種分けもしなくてはならないからで、ただものではありません。
そこに、一坪くらいの処に、フリージャーも植えています。
そして、「草蒸れ」も混じって、フリージャーの香りと水仙の香りが入り混じって競っている様です。

そこで、一句、

追風に あさぎ水仙 香り立つ

このフリージャーは和名で、”あさぎ水仙”と云います。
水仙の仲間ではありません。

水仙の日本らしい気品高い甘い香りに比べて、あさぎ水仙は熱帯の甘い親しみ深い香りがします。
「草蒸れ」の香りと「水仙」と「あさぎ水仙」の三つが入り混じることなくそよ風にかわるがわる漂ってきます。

ソメイヨシノの桜の咲く少し前の出来事です。この下の草花の出来事です。
後を引き続きラッパ水仙なども共演します。

返信する
上↑
[14258] こでまり
福管理人
2017/02/13 10:18 - パソコン
 庭のウバメガシの周囲の垣根に沿って 真っ白な”こでまりの花”が満開です。
田舎のためか相当長い垣根です。
傍には、熊野神社の社領の「第一の鳥居」のある「熊野古道」が通っています。
ここから本格的な歴史に残る平安時代の熊野古道の山道が始まります。
海が見える高台の家の前で、「柿本人麻呂」が「てるてる姫」に送った和歌が遺っています。
そんな、静かでしっとりとした海を見下ろす高台の環境です。

こでまりに 朝雪光る 思いかな

ある天気の良い朝、窓を開けると目の前に雪が降ったのかなと一瞬思いました。

それまではちらちら程度であったのに天気が良かったのか余りに目の前の一面が真っ白であったからです。
そして、そこに朝日が当たって余計に白が引き立っています。

雪が降る筈がないのに”雪だ”と思ってしまう「不思議さ」です。
若ければ、味わない不思議な感覚に”年をとったな”と思う一瞬でした。

でも、表現が難しいのですが、「幸せ感」も混じった感覚でした。

写真館に掲載しています。

御意見や俳句が在りましたら投稿ください。

返信する
上↑
[14257] 万両
福管理人
2017/02/09 09:33 - パソコン
 今日は万両です。但し、花の万両です。
50センチくらいの背丈の花木で先端には赤い5ミリ程度の真っ赤な花実を着けるのです。
それが束に成って下向きに着くのです。
これがきれいなのです。

上向いて着けるのが千両ですが、庭の片隅や漆喰の白の壁の傍や、その壁下の「水が溜まる小鉢」などの傍に植えられているものです。

そこで一句です。
私の「毎日の庭仕事」は夕焼け等の「日暮れの合図」で仕事を打ち切ります。


夕日受け 庭の万両 影二つ

真っ赤な夕焼けの日が、真っ赤な万両に当たり、それが後ろの漆喰の白壁に影として映り、赤っぽい「万両の影」が出来ています。

その影が、「夫婦」の様に二つ寄り添って映っているのです。

それを観て、「夫婦の人生」の「終」とは、この様なものかなとふと思ったのです。

万両は、余り自ら趣を醸し出すものでは無く、周囲との「融け込み」で趣を醸し出します。
元々、水気の多い山の谷間の日陰にある物で、よく自然美を求める「枯山水」に用いられる草花です。
目白等の小鳥が実を食べに来て、傍の水鉢の水を呑んでいます。


万両は写真館に投稿していますのでご覧ください。

万両、千両は万両科、百両はカラタチバナ科、十両は藪こうじ科、一両のありどおし科 があります。




返信する
上↑
[14256] ヒヨドリ
福管理人
2017/02/04 15:31 - パソコン
 毎日、山懐に包まれた静かな田舎道を散歩をしています。

何時も通る路の為か慣れて仕舞って、周りの情緒の変化が入ってきません。

ある日、この散歩道をゆっくりと歩いていると、突然に、鵯(ひよどり)が、ビィー、ビィーと甲高い声で、山裾の山間の谷間に叫ぶように鳴いたのです。
そして,それが、やまびこに成って響いています。

ひよどりの 響くこだまと 今日の路

何時もなら,何の気なしに通り過ぎるのですか、今日は何か変で、天候なのか、空気なのか、自分の気分なのか、判らないのですが音楽の様な響きで聞こえるのです。

人生って、不思議な事が起こる様に、この時、若い頃の事を思い出しました。

老の散歩路の一瞬の出来事でした。




返信する
上↑
[14255] 金木犀
福管理人
2017/01/30 10:03 - パソコン
 写真館に写真を投稿した時には、思い出に成る為に下手な俳句も詠んでいます。

今日は、庭の草取りに勢を出して、一呼吸した時の事です。

そろそろ、やめようと思ってゆっくりと立ち上がった時の事です。
それまでは何の気もせずにいたのです。

気が付いてみると、夕日が差し、その茜色の日差しが「金木犀」に当たり、何とも言えない心が落ち着ける深い色合いが眼に入ります。
ところが、この花の咲く金木犀に緑のメジロが鳴き叫んでいるのです。
何とも言えない色と光と雰囲気の調合です。

いいまでにもよくあった景色なのに新鮮で清々しい気持ちに成ったのです。
極楽浄土とはこの様なものなのかなとふと思ていました。


夕日差す 金木犀に 目白かな

熊野古道沿いの山裾の枯山水の庭に起った普通の出来事です。
(目白は三季と云われてます。)

返信する
上↑
[14254] 連翹
福管理人
2017/01/27 11:14 - パソコン
 又、投句します。

何時も庭の手入れをしています。

この句は、主にどこでも庭の隅に植えられている珍しい庭木です。

枝の手入れは毎日の私の仕事です。何時も観る庭の景色なのに、片隅に黄金色の景色を見て、ふと思い出したのです。

父母思う 一期一会の 連翹かな

この連翹(れんぎょう・いたち)と云う木は、別名 いたち草とも云われ、イタチの毛色に似た花を枝が観えなくなるほどに満開に咲かせる花なのです。

何故,木なのに草なのかと云うと、この木は枝を長く柳の様に伸ばして地面に届くほどに延びます。
そして、地面に届くと根付きが興り、そこから芽を出し、又、「孫木」と成り成長するのです。
この様に草の様な性質を持っているので「草」と呼ばれているのです。
ところが、現実には、この枝を剪定しないと花は満開には成りません。
そして、この木の花の色は、当に黄金色で花の咲くころは葉を付けません。

これは、「人の輪廻」と同じ性質を持っている事から、「仏木」と呼ばれ、木蓮や泰山木の様に、仏の宿る木樹として扱われています。

寺などに観られる木樹です。
私は、父母との一期一会の為に、毎年、剪定をします。
この花が咲くと、父母がこの木に、又、今年も私たちを観に宿ったと懐かしく何時も思いだすのです。

そもそも、その様な趣を醸し出している木なのです。

青木氏氏の写真館に掲載しています。

返信する
上↑
記事番号 パスワード

青木氏氏を お知り合いの青木さんに 紹介してください。