<-ホーム <-掲示板に戻る
↓この記事に返信します。返信フォームは↓下

[14262] 目白
福管理人
2017/02/25 12:04 - パソコン
 筆者も、お茶を飲んでゆっくりと”よいしょ”と全身に力を込めて「家の朝の庭仕事」に出ます。

そうすると、「庭の小鉢」の方に、「目白のさえずり」が聞こえてきました。

この「庭の小鉢」は、取り分け「生活の道具」では無く、「枯山水」の「庭の趣」を出す様にと置いていて、その周りには、湿気を必要とする花菖蒲などが植えられて群生しているのです。
この「小鉢の水」は、「雨水」がたまったもので、この「雨水」を小鳥などが飲みに来る様にしたものなのです。
そこで観た趣のある景色です。


日溜りの 小鉢に撮る 目白かな


この小鉢に「朝の日」が木樹をすり抜けて当たっています。

其処に先ず、この庭を先取した「目白の家族の集団」が、毎日の定期的な習慣として「小鉢の水」を飲みに来ているのです。

先ず、若手のメジロが小鉢の縁に降りて辺りを警戒して後に落ち着いて水を飲むのです。
この時、全く警戒心を無くした「目白の影姿」が「水面」に撮っているのが見えています。

何とも云えない「朝の静けさ」とその「平和さ」を感じた一瞬でした。

目白は順番に隣の木から入れ替わり降り来て飲むのです。
終わると、その家族の一団は何所かえ飛び去ります。

入れ替わり、「他の小鳥」が来るのですが、何か「時間の順番」が決まっている様です。
中には、昼前には「猫やカラス」なども来ています。

これも「自然の摂理」なのでしょう。
■お名前
■メール
■題名
編集/削除用パスワード

※ルーツなどの専門的なご質問は青木ルーツ掲示板へ⇒宣伝・募集はこちらへどうぞ


<-戻る 上↑

青木氏氏を お知り合いの青木さんに 紹介してください。