<-ホーム <-掲示板に戻る
↓この記事に返信します。返信フォームは↓下

[14267] 大城冠椿
福管理人
2017/03/23 12:21 - パソコン
 我家には、椿では最大の大きさの花があります。
この花には、ある歴史があって、御三家の名古屋城の城主が椿が大変好きで、出入りの植木屋さんと新種を開発していました。

そして、大変な努力の結果、遂には大椿で真紅と云うよりは黒味のある八重の椿を作り出したのです。

これを「門外不出」として城内で育てていました。

ところが、いつの間にか外に出て仕舞って広がりました。
そんな事もあって大変珍しい椿なのです。

中にはマニアが作ったと思われますが、「白の斑入りの大城冠」が観られます。
我家の大城冠はこの二つがあります。
近寄り難い程の可成りの「古木」なので、恐らくは、「斑入り」は家で作り出したのだと思います。
その元は、推測ですが、尾張の御三家から紀州家を通じて拝領したしたものかなと思います。

この「ひまわり」の様な「大城冠」は、大き過ぎて満開に成ると日差しも届かぬくらいです。
そして、大変、「威圧的」で、「迫力」があり、鳥や虫があまり「蜜」を吸いに来ません。
それは、我家では庭に住み着いた「鵯」のみが占領するからでしょう。
他所からの小鳥や鵯は来ません。


鳴く鳥も 日差しも届かぬ 大城冠

それだけに、「接ぎ木」では無く、「挿し木」や「種」では広がり難い椿でもあるのです。

椿の手入れの基本は新芽の枝には三本の指の様に出ますが、必ずこの「三枝」をどの様に処理するかで決まります。
従って、この三枝の真ん中の枝を剪定すれば花芽が付きます。
そして、真ん中の枝の「成長枝」を遺せば木は強く大きく成り花は咲きません。
この原理に従っています。
取り分け、この原理であると「大城冠」は無理に作り上げての椿である事が判ります。

この世の事も、何事もこの「大城冠椿」の様に象徴しているかなと思います。
その状況を花に託して詠みました。

無理に良いものを創ってもそれには脆さも潜むのでしょう。


写真館にありますので、観てください。

花が大きいので、木もなかなか手入れが難しいのです。
■お名前
■メール
■題名
編集/削除用パスワード

※ルーツなどの専門的なご質問は青木ルーツ掲示板へ⇒宣伝・募集はこちらへどうぞ


<-戻る 上↑

青木氏氏を お知り合いの青木さんに 紹介してください。