<-ホーム <-掲示板に戻る
↓この記事に返信します。返信フォームは↓下

[14279] 南天
福管理人
2017/05/09 10:04 - パソコン
 南天の樹は、取り立てて目立つ季の樹ではりません。
でも庭には必ず植えられているものです。
そして、俳画や日本画の添図書きには目立たぬようにあるものです。
何故なのでしょうか。

それは、目立たぬも鳥や虫がこの南天の樹に寄って来るからで、人の感覚の中に絵としては、花鳥風月の趣がそそと持っていて、それが日本人の心を打つのだと思います。

枯山水には無くてはならない木です。
それは、冬の雪の景色にも、夏の日射しにも、そして、春の長閑な景色名も、花鳥風月の趣を消さないからでしょう。

そこで、一句

南天の 紅に拘り 葉も春に

南天の樹を一つで色紙に描ける樹は他に少ないですよね。
南天の樹は日本人の美意識の象徴と観ています。
その意味で年間0通じて紅で統一した春の葉の紅の色は目立ちます。
私はどちらかと云うと、春のこれぞばかりに咲く赤い花が咲き乱れる中で、この南天の春の紅葉(赤葉)は柔らかみがあって好きなのです。

「人」にも拘りのある様に、これを「樹」が持つ「拘り」と観ています。


■お名前
■メール
■題名
編集/削除用パスワード

※ルーツなどの専門的なご質問は青木ルーツ掲示板へ⇒宣伝・募集はこちらへどうぞ


<-戻る 上↑

青木氏氏を お知り合いの青木さんに 紹介してください。