<-ホーム <-掲示板に戻る
↓この記事に返信します。返信フォームは↓下

[14287] 禅庭花
福管理人
2017/05/29 10:32 - パソコン
 甘草が繁殖する屋敷の隅の滝には、この頃もう一つの花が咲く。
これは山の谷川から採集して、ここに植えたものではないかと思います。

その花は、キスゲです。
この花の総称は、「禅庭花」と呼ばれ、全国に分布する花です。
一時は、ニッコウキスゲと呼ばれて愛好家で広まりました。

地方によっても若干違う処があって、再び、地名の着くキスゲに戻りました。

屋敷のキスゲは、恐らくは、祖父の手に依って植えられたもので、それは禅を好む人が我家に入れ替わり立ち代わり家に長い間逗留する事が多く、枯山水の家の名前を「画禅堂」と呼ばれていたそうです。

この「キスゲ」は、座禅の瞑想の禅宗の仏教的要素が強い事があって、この様に「禅庭花」と呼ばれたと考えられます。

滝つぼに座って座禅瞑想する僧には、何か、このキスゲの花に、「座禅瞑想」の極意が花に籠って見えるのだと思います。

そこで、一句

滝つぼの 今年のキスゲ より百合香

「禅庭花」の花を観て、今年は自分も少しは人の道を悟ったのかな不安に成ります。変化の無い生活の反省にキスゲを見習いたいと。
未だ不安に成るのでは悟りはキスゲの様にないのかも知れませんね。

禅僧に執ってみれば、自然の低位にある壺に咲くキスゲには花としての強さと悟りの変化がみられるのでしょうね。

■お名前
■メール
■題名
編集/削除用パスワード

※ルーツなどの専門的なご質問は青木ルーツ掲示板へ⇒宣伝・募集はこちらへどうぞ


<-戻る 上↑

青木氏氏を お知り合いの青木さんに 紹介してください。