<-ホーム <-掲示板に戻る
↓この記事に返信します。返信フォームは↓下

[14314] 夾竹桃
青木
2017/09/02 11:25 - パソコン
 「夾竹桃」は、その昔中国の宮廷で好まれて栽培されていたと云われ、それが日本に伝わったと成っています。
この為に、その名は、葉が細い竹の葉に似ていて、花は桃の花に似ている事からこの様に付けられました。
確かに、遠くから花を眺めるとあの穏やかな桃の花なのです。
ところが、”美しいものには刺がある”の如く、猛毒の木で花も木も葉も毒で木を守っています。
それだけではないのです。
その周りの地面も猛毒に染まり、木や花には虫も鳥も集まりません。
ですから、受粉して種が弾いて木が広まるという事は先ずありません。
全て、接ぎ木や株分けでなどで広まった木なのです。

でも、良いこともあるのです。
木の周囲には草が生えませんし木は虫で枯れるという事はありません。
剪定も木は柔らかく坊主にするだけで済みます。ですから宮廷に植えられたのです。
でも花は夏の暑い中でも可憐で人を引き付けます。
そこで 一句です。

寂しげに 夾竹桃 花は桃

この猛毒は半端ではありません。牛や馬など少しの葉でころりと成るのです。
地方では、”牛ころり”と呼びました。
それなのにここまで広がったのはそれなりの良さが環境にあっての事で扱い方なのでしょう
この世の中にもよく似た事がありませんか。
何か、この花を観ると何か私の人生に似ていて「人生の悲哀」を感じます。
■お名前
■メール
■題名
編集/削除用パスワード

※ルーツなどの専門的なご質問は青木ルーツ掲示板へ⇒宣伝・募集はこちらへどうぞ


<-戻る 上↑

青木氏氏を お知り合いの青木さんに 紹介してください。