<-ホーム <-掲示板に戻る
↓この記事に返信します。返信フォームは↓下

[14348] せきれい
副管理人
2018/08/10 14:45 - パソコン
 垂れ下がった枝で覆われた棚田に残る水面があり、そこには、小魚やみずすましの虫が泳いでいます。
毎朝の私の散歩道ですが、忘れられた棚田は小魚が多く住む小池の様です。
そこに、尾をふる鳥が小枝に留まり、残った水面を凝視しています。

突然、目にも留まら速さで水面を突きました。水に残る虫を咥えていました。
そして、休耕田の棚田が林に戻ったところに飛び去って行きました。
山里が過疎に成り、自然が戻ってきているようです。
この景色が広がるのが良い事なのか悪い事なのかは判りません。
老いた私には気持ちとしては懐かしい気持ちもします。
そこで、一句です。

水面に せきれい沈む 棚田跡

せきれいは、「石打ち鳥」と云われ、尾を上下する特徴があって、「相思鳥」とも言われます。
子供の頃はこの景色を見て育ち、若い頃は棚田の盛んな頃の景色を見て、そして、今度は過疎の景色で子供の頃の景色に戻っています。
世の「輪廻」「うつろい」がここにも出て来て「悟りの境地」にも成った不思議な一時でした。
■お名前
■メール
■題名
編集/削除用パスワード

※ルーツなどの専門的なご質問は青木ルーツ掲示板へ⇒宣伝・募集はこちらへどうぞ


<-戻る 上↑

青木氏氏を お知り合いの青木さんに 紹介してください。