更新情報/ニュース

■2017/05/18()
「伝統シリーズ−34」 「青木氏の歴史観−7」
「青木氏の歴史観」には、「他氏と異なる特異性」があり、この歴[史観−7」は特異性と云うより無い慣習である。

それは、「家人」と云う制度があって、この家人の制度で青木氏の組織は組まれていた。
そして、そのその事で、特異性を持ちながらも「青木氏」は生き延びられたとも考えられるのである。

本来であれば、特異性があれば先ず一般的条件として、封建社会の中では社会からはみ出され生き残る事は難しかった筈である。

しかし、その封建社会にも何とか迎合してこの特異性をのこして生き残った。
それが、「家人制度」である


上↑
■2017/04/18()
伝統シリーズ−6
青木氏の歴史観ー6

さて、「青木氏」を続けます。
「悠久の歴史」を持っていますので、なかなか語り切れないところもあります。

それ故に、他氏と異なり「個別で固有の歴史観」と云うものが存在します。

前回でも述べましたが、他氏との「慣習仕来り掟の乖離」を起しています。

ところが、この「青木氏の歴史観」が以外に多くに信じがたい程に「江戸期までの慣習仕来り掟」に大きな影響を与えているのです。


それを論じます。

上↑
■2017/03/19()
青木氏の歴史観ー4
「青木氏」はとんでもない長い「悠久の歴史」を持っています。

それ故に、他氏と異なり「個別で固有の歴史観」と云うものが存在します。

この多くは、他氏との「慣習仕来り掟の乖離」を起しています。

ところがこの歴史観が江戸期までの慣習仕来り掟に大きな影響を与えているのです。

それを掘り起こしているところです。

さて、前回は、「准」等の用語の事に付いて論じました。

今回は、明治維新後の「紀州藩」と「青木氏の関り」で論じています。
前段でも、「青木氏」は多くの事で関わり、独特の「青木氏の歴史観」が構築されました。

ところが、明治維新に成っても、紀州藩は御三家の中...以下略

上↑
26988
今日:2
昨日:2

(C)aoki.cc