更新情報/ニュース

■2018/12/11()
殖産業で青木氏の発展
「伝統 67」を投稿しました。

「青木氏族の生き遺り]が厳しくなり、生き残るために最大限の策を展開させます。
「氏族」としての利を生かして行きます。
その「基盤造り」も完成し二足の草鞋の抑止力が働き始めで院号を与えられてそれを背景に商いの開始が軌道に載ります。
その中で伝統を守り大きくなった青木一族の組織を「氏是」で統一して一族に「商い」を広げて行きます、

それでも大いに知恵を出してはたらきます。
源平戦で最後に生き残った「二つの青木氏族」は藤原秀郷流青木氏と四掟で結び巨万の豊を獲得したのです。
そして、二足の草鞋策で充実させ自立して更に荒波を生きて行きます。

朝廷...以下略

上↑
■2018/11/21()
四六の概念の歴史観
「青木氏の伝統 49」−「青木氏の歴史観−22」

「女系族」の「四六の古式の概念}の更に続きを投稿しました。

上↑
■2018/10/15()
四六の概念
■2018/10/15(月)

「青木氏の伝統 44」−「青木氏の歴史観−17」

「女系族」の「四六の古式の概念}の続きを投稿しました。


古来より引き継いで来た古式の「青木氏の伝統は、この独特な「概念「」に依って構築されていました。
そうしなければ生きられなかったのです。
今では全く消えましたが、堀探ると色々なところに「青木氏の歴史観」として出てきます。

他氏と異なり、唯一の「氏族」として構成する「青木氏」にだけが持ち得た「日本の歴史に大きく絡む事」も出てきます。

意外に現在の社会にも形を変えて引き継がれているのです。

上↑

(C)aoki.cc