更新情報/ニュース

■2018/12/11()
殖産業へ青木氏
「伝統 64」を投稿しました。

青木氏族が生き残るためにかなり苦労しています。
世間の表に引き出そうとする力に何とか{氏是}を護って対抗します。

そして、二足の草鞋策で生きて行くのです。

青木氏氏研究室の掲示板に、次の研究論文を投稿しました。

鉄の需要が高まり、サガラのタタラ砂鉄から日本最初の「近江の鉄の鉱山開発の採掘」を命じられます。

此処が近江の大倉鉱山です。

「鉄穴部・又は鉄安部と呼称し、カンナベ」と云う「国造役」でした。

これに成功して功績を認められ、「近江大倉の大字」と「伊勢の大字」も与えられます。
結局は伊勢には「四つの大字」と「近江に...以下略

上↑
■2018/11/21()
四六の概念の歴史観
「青木氏の伝統 49」−「青木氏の歴史観−22」

「女系族」の「四六の古式の概念}の更に続きを投稿しました。

上↑
■2018/10/15()
四六の概念
■2018/10/15(月)

「青木氏の伝統 44」−「青木氏の歴史観−17」

「女系族」の「四六の古式の概念}の続きを投稿しました。


古来より引き継いで来た古式の「青木氏の伝統は、この独特な「概念「」に依って構築されていました。
そうしなければ生きられなかったのです。
今では全く消えましたが、堀探ると色々なところに「青木氏の歴史観」として出てきます。

他氏と異なり、唯一の「氏族」として構成する「青木氏」にだけが持ち得た「日本の歴史に大きく絡む事」も出てきます。

意外に現在の社会にも形を変えて引き継がれているのです。

上↑

(C)aoki.cc