青木ルーツ掲示板
このフォームからは投稿できません。
name
e-mail
url
subject
comment

[掲示板トップ(ツリー表示)] [新規順タイトル表示] [新着順記事] [留意事項] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]

  [No.1122] Re:長野の青木さん
     投稿者:塩尻市の青木   投稿日:2017/06/16(Fri) 20:15:31

お久しぶりでございます。

> お家の場合は「諏訪大社」との「両方の神」を祭祀する「松本市の神明社の御乳社」が気に成ります。
> お便りの仕来りなどから先ず間違いは無いと考えます。


こちらの情報をもとに御乳社(神社)に行ってみました。

松本市島立という場所には神明社と御乳神社がありました。
神明社は松本市内の両島、井川城という地域にもあります。
長野県神社庁にて確認できる神明社は井川城のものになります。
井川城という地域は小笠原氏が入り、守護館を建てた地域であり
元の地域は井川というそうです。
両島の神明社は下水処理施設の近くにあり
小さな拝殿と本殿が残されているのみでした。

話が逸れましたが
島立という地域にて確認できた神明社は
神明としか書かれていないものでした
三叉路の角にありとても不思議な感じでしたが
石仏や、周りの家の敷地内にも名残が多少あるため
以前はもっと大きな社がであったと思われます。

本題の御乳神社ですが
案内板があり由緒には
御祭神は玉依毘売命、神武天皇を産んだ方
創建は大化5年(649)
元々はこの地域ではなく
波田という地域にあったとのこと
その頃は諏訪社ではないのに御柱祭を盛大に行ってる
沙田神社(いさごだじんじゃ)と対になる様にあったようです。
この沙田神社も調べてみると面白そうなので今後調べていこうと思います。
また、ネットで調べてみると
http://www.komainu.org/nagano/matumoto/otiti/otiti.html
http://yatsu-genjin.jp/suwataisya/jinja/otiti.htm
上記のサイトで御乳社について触れており
面白かったのでURLを貼っておきます
御乳神社で検索すると引っかかる項目のため
必要ないかもしれませんが

御乳神社の祭神
玉依毘売命ですが、松本市内に他に祀っているところもあり
川合鶴宮八幡神社というところでそちらの由緒は
人皇五十代 桓武天皇御宇延暦10辛未年7月20日勧請す。
(792) 神饌幣帛料供進指定神社
となっています。


画像を添付しようと思いましたが
めっちゃくちゃ容量があるので
止めておきます…



- 関連一覧ツリー (◆ をクリックするとツリー全体を一括表示します)

- 以下のフォームから自分の投稿記事を修正・削除することができます -
処理 記事No 削除キー